探偵に興味がありました

探偵になりたかった理由探偵という仕事に興味を持ち始めたのは20歳の頃。

当時、お付き合いしていた相手が探偵に依頼し、素行調査をされた経験がありました。

その時に住んでいた家はアパートで、家の周辺も、知らない人が居るとすぐわかる環境でした。

当時の探偵さん、凄く堂々としていて、私の部屋の玄関前に車を止め、朝の出勤時と帰宅時に必ず車の中で待機をしていましたが、1日で探偵という事に気が付いてしまいました。

それは1日目の事で、2日目の朝も同じように張っていたので、声を掛けました。

 

「誰に頼まれた?」と

 

その探偵さん、すぐ逃げました(笑)

後日、当時付き合っていた相手が依頼したという事は、周りの友人から聞きました。

それからですかね、探偵に興味持ち始めたのは。

「俺なら絶対にバレないように調査するのに」と思いつつ、月日は経ちました。

とある事件に巻き込まれて、法律と向き合うことになりました

11月下旬のある日、その日は気温もマイナスで凄く寒い日でした。

ススキノでお酒を飲み、タクシーで帰ろうとしたところ、タクシーが居なく、どうしようか迷っていた時に、酔っ払いに絡まれてしまい、骨折するまでの暴行を受けました。

警察で事情聴取をされ、「その程度の怪我なら示談で解決したら?」と言われ、こちらから「30万円の示談なら」と話したところ、刑事さんから「それは高い」と言われ、「じゃぁ20万」「10万」とプライスダウンしていき…

 

結局、刑事さんから「3万円くらいで許したら?」と言われました。

 

渋々、「その金額で今、示談できるのであれば」と伝えましたが、相手はお金を持っておらず、その日は仕方なく帰りましたが、帰宅後、怪我をしたところが痛すぎて休むこともできず、救急病院に行ったところ、骨折という事がわかりました。

まずは弁護士さんに依頼することに

後日、刑事さんから相手の電話番号等を教えて頂き、電話しました。

「とりあえず示談しませんか?」と相手にお話をしたところ、その後すぐに警察署から電話が来ました。

 

刑事さん:「あなた脅したでしょ?」

私:「示談しようと言っただけですが?」

刑事さん:「もう相手には電話しないでください」

 

このような会話があり、頭が真っ白に。

早い話、相手に嘘をつかれたわけです。

 

その後、弁護士さんに事情を話し、着手金を払って依頼しました。

弁護士さんが相手に連絡をしても相手は反応なし

示談をすすめる為に、電話や内容証明を何度も送っても、相手は応じることはありませんでした。

弁護士さんに依頼して半年後、弁護士さんから「このままでは進展しないので、次の策に出ましょう」という事になり、その時には既に治療も終わっていたので、治療費の請求と慰謝料を併せて、支払督促を裁判所に提出しました。

相手が転居?

支払督促の手続きが終わり、2週間後、裁判所から1通のハガキが届きました。

 

「所在地不明のため、送達できません」

 

・・・

 

参ったなぁと思いつつ、弁護士さんに連絡をしたところ、「追いかけましょう」という事に。

その翌日、弁護士さんから連絡があり「住所掴めましたよ~」と。

 

先が見えました(;^_^A

 

改めて新しい住所を裁判所に提出し、支払督促から仮執行宣言付支払督促へと変わり、債務名義が取れました。

相手は逃げまくる?

事件当初の刑事さんから、相手の職場を教えてもらっていたので、給与差押の手続きをしました。

それから2週間後、裁判所から2通の通知が届きました。

 

1通は「異議申し立て」

1通は「その職場は退職しています」

 

また皮1枚で繋がったようなものです。

反撃開始!債務名義は私が持っている

相手が異議申し立てをしてくれたおかげで、調停となりました。

相手が出廷さえすれば、先に繋がると思っていました。

そして調停の日。

 

相手は来ませんでした。

 

準備書面に不備があり、次回期日までに提出するよう書記官から指示があり、準備をし、前もって提出しました。

その時ですね

もし、相手が裁判所に出廷しなかった場合、すぐに動けるので、相手の職場を掴まないとと考えました。

弁護士さんに問い合わせると、「相手の職場を調査するのであれば、探偵に依頼したほうがいいよ」とアドバイスがありました。

 

そして調停の日。

 

相手は来ました。

 

結果、和解となり、毎月の支払が決定!

当初の金額から減額はされましたが、まずまずの和解内容で終わりました。

1回目の支払日が到達、でも入金されない

1回目の入金日。

相手は入金しませんでした。

和解内容には、2回の未払いで強制執行となっています。

その時ですね、今、探偵になろうと思った瞬間がありました。

弁護士さんからご紹介頂いた探偵さんに色々とお聞きし、自分で調査。

 

最初はドキドキでしたね(笑)

 

無事に相手の職場も分かり、次の期日前に内容証明を送り、次に備えました。

それからは遅れないで支払が進みました。

結局、探偵になれて良かった

私は、自分の身をもって「守る」ことから覚えた探偵業。

今思うのは、最初に探偵さんに出会ってバラした時、「こんな探偵にはなりたくないな」と常々思います。

あの時、本当にバレバレでしたからね。

あのレベルの調査は本当にしたくないなと本当に思います。

 

本当に困っている人を助ける仕事

 

その一つに探偵業があると考えています。

開業以来、沢山のお問合せやご依頼を頂いておりますが、最後には「ありがとう」の一言が本当に励みになります。

これからも、一人でも多くの「ありがとう」を求めて、喜ばれる調査を進めていきたいと思います。