離婚について話す夫婦

妻の浮気が明らかになり、証拠を持って弁護士事務所へ

調査を依頼してから1ヶ月後、対象者となる妻の不貞行為をすべてご依頼者様となる夫に話す時が来ました。

紫苑が作成した調査報告を1ページずつ説明し、涙を流すご依頼者様。

その姿を見ることは本当に辛かったです。

すべて説明を終え、ご依頼者様とその後について話し合った結果、考えは変わらずに弁護士さんに依頼して、慰謝料請求と親権はご依頼者様にという条件付きで離婚という道に進むことになりました。

その数日後、紫苑の相談員と一緒に弁護士事務所へと向かうのでした。

弁護士に委任したあとの妻と浮気相手は

すべての案件がこのように進むわけではございませんのでご注意ください。

今回は浮気相手の方から慰謝料請求することになりました。

浮気相手の男性も既婚者であり、その妻は専業主婦。

文書を送れば1発で奥様に不貞の事実が伝わります。

浮気相手の男性に対し慰謝料請求額は500万円。

どのように工面したのかはわかりませんが、示談交渉後400万円が支払われました。

対する妻は・・・

ご依頼者様が就業中、荷物を持って家を出て行かれました。

それもお子さんには何も告げずにひっそりと。

浮気はチョットした下心で大きな代償に

浮気や不倫が多い世の中、今回のように大きな代償を払わなけば行けなくなったり、償わなければならないのは当たり前のことです。

しかし、自分で犯した罪を今回のように素直に認める方ばかりではなく、土壇場で見苦しい嘘をつき、正当化する方もいらっしゃいます。

離婚に係るいろいろな案件をたくさん見てきましたが、誤魔化す人ほど信用におけない人だなと素直に思います。

そして、不貞事実が明らかになってからもまだ不貞カップルを続けようとする人もいるのが現実。

余程慰謝料を払いたいのかわかりませんが、不貞は必ずバレます!

紫苑では、浮気や不倫などの不貞問題には厳しく調査をしています。

配偶者の浮気問題に関してのご相談や調査依頼はお気軽にご連絡くださいね。