不法侵入で怒られる女性

調査手法が分からずに調査すると取り返しのつかないことに

浮気の兆候を知ってしまうと、誰でもジッとはしていないと思います。

紫苑へご相談にくるお客様の中でたまにいらっしゃるのですが、空いた時間を利用して自分で調査をしてしまうケース。

調査を試みることは否定しませんが、調査方法次第では本当に危険なことなのです。


なぜなら対象者に、浮気が気付かれていると分かられるだけでなく、誤った調査方法を行うことにより、自分自身が身の危険を背負うことになりかねません。

今回は、数ある危ないケースから、何も知らずに不法侵入で告訴一歩手前までになったお客様のお話を書いていきます。

よくありがちなのは、ラブホテルの敷地内に入ってしまうケースです

対象者の車がラブホテルの駐車場に入っていたとします。
恐らく自分の家の車だからと、ラブホテルの敷地内に入って車を物色する行動になると思います。

この時点で違法行為確定です。

今、ほとんどのラブホテルは防犯カメラが付いており、そのカメラでお客様の出入りを見ています。
何も知らずとはいえ車のそばでジロジロしていると・・・

ホテル側から不審者とみられて110番されるでしょう。

職務質問だけで終わればいいのですが、ホテル側から不審者扱いをされたり、住居不法侵入で告訴されたらどうなるでしょうか。

ほぼ書類送検となって、警察署から出るときには身元引受人が必要になります。

このようになってしまったら家族に迷惑がかかるだけではなく、浮気も対象者に隠されてお蔵入りになるでしょう。

この例とは逆に、運良くバレなかったとします。

その証拠どうやって撮りました?と言われたらどのように答えますか?

せっかく取った証拠ですが、自分の身の危険をさらしてしまうのです。

最近このようなケースをよく耳にします。

バレたら本当に怒られますよ!

実際に、紫苑へご相談されるお客様からされるお話の中で非常に多く聞きます。

お客様自身で調査した後の調査依頼は難易度が非常に高い傾向にあります

お客様自身で調査をしていた場合、対象者のほとんどが何かしらの違和感を感じています。

なぜなら、普段の生活からその言動から現れるもの。

実際にお客様が調査をしきれなくなって依頼されたケースのほとんどが、警戒心が強くて手に負えないケースです。

対象者の警戒心が強くなると、必然的に調査期間は長くなりますし、対象者もそう簡単にシッポは出しません。

このようにならない為にも、最初からムリな行動はしないことが早期解決に繋がっていくのです。

だから探偵がいるのです

法律を日々勉強し、調査手法も研究しているのが探偵。

では、素人さんに同じことができるかと言われれば、1度は成功しても残念ながら2度3度とはうまくいかないでしょう。

「じゃぁ手法を教えてよ!」と言われる方もいらっしゃるかと思いますが、私たちは調査を仕事としているのでそう簡単に手法は教えません。

細かい調査手法を教え合わないのは、調査員同士でも同じです。

紫苑の調査員も、使用する機材や調査手法は本当にそれぞれ違います。

私自身も愛用の機材もあれば、その場面によって使い分けたりしており、シチュエーションによってバラバラ。

もちろん、スマートフォンを使った調査もしています。

その場面によって、クオリティー高い証拠を取るために日々研究しているのです。

その成果を知る人間はというと、本当に欲しかった証拠を手に入れれた紫苑のご依頼者様でしょう。

紫苑は、ご依頼者様の味方でりながら、依頼者様の本当の笑顔を求めています。