合コンの時の乾杯画像

札幌在住40代の女性からのご依頼でした

この話は、2017年紫苑が調査したお話です。
個人名などプライバシーに触れる内容は伏せており、また、内容掲載もご依頼者様に了承を得ております。

2017年の春、札幌在住40代の主婦の方から1本のお電話を頂きました。

内容は、「主人が浮気しているみたいで・・・」と最初は深刻な声をしていましたが、気持ちが抑えきれなかったのでしょう、次第に泣きながらのお電話。

約20分程お話していたのですが、詳しく話したいとのことで、お電話頂いた当日にご来社いただくこととなりました。

ある日を境にご主人さんの帰宅が遅くなりました

浮気に気が付いたのはご相談をいただく1か月前、ある日いつも21時には帰ってくるご主人さんでしたが、その日は連絡もなく、帰宅されたのは午前4時をまわっていたそうです。

ご依頼者様も、「仕事仲間と飲み会でもしていたのだろうと」ご主人さんを疑うこともなかったそうですが、この日を境に2~3日に1回のペースで早くても深夜、遅い時で朝帰りが続いていたそうです。

ご依頼者様がご主人さんに「なんで遅いの?」と聞いても「最近会社が忙しくて」の一点張り。

2~3回、ご主人様が遅くに帰ってきたあたりから疑うようになったそうです。

浮気と疑ったポイント

浮気と断定したポイント

ご主人様の帰宅が遅かった翌朝、その時に来ていたスーツ、下着などを恐る恐るチェックしたそうです。

すると、上着にはファンデーションの跡、女性ものの香水の匂い、その他もろもろと見つかったそうです。

紫苑にご来社頂いた時に、ご依頼者に証拠品をお持ちいただいたのですが、その証拠品を見て客観的にお話をさせて頂いたのですが、すでにその時点でご主人さんのほぼ黒が確定。

その証拠とご主人さんがご依頼者様にお話ししていたこと、そして、証拠が一致しない結果となりました。

決心から浮気調査依頼へ

浮気調査の見積もりを依頼する女性

調査を依頼するのは簡単ですが、まずは、ご依頼者様が今後どのようにしたいかを話し合うことが一番大事なことで、ここでシッカリと決めていかなければ調査後非常に大変になります。

今回のご依頼者様は、お電話の時点から決めていたそうですが、もう一度入念にお話しさせていただきました。

それでも決心は変わらず、調査後に「シロ」であったとしても「クロ」であったとしても、両方の道をシッカリと考えておられました。

浮気調査依頼から事前調査へ

今回のご依頼者様は、その日にご契約し、その後すぐに事前調査という運びになりました。

電話の時点で決心されていたことから、ご主人さんの情報をあるだけ持ってきていただいていたおかげで、事前準備も早くに終了。
さっそく、事前調査へと進みましたがとくに問題もなく、ご依頼者様と調査過程の再確認とスケジュールを立て、タイミングを待つ日々が続きました。

浮気調査を本格的に開始!

ご依頼者様とタイミングを合わせ、「この日」と決めていた日がとうとうやってきました。

調査員が対象者を確認後、そのまま後をつけることに。

最初に入ったお店は、札幌市内のとある居酒屋さん。
でも、1人で入店・・・

その後、15分遅れで相手の女性が入店、1時間程飲食をされ2人は手を繋いで退店しススキノのホテル街へ。

この間、ご依頼者様には節々にご連絡を差し上げております。

ホテルに入り、部屋番号を確認したらあとは出てくるのを待つだけです。
この時で22時をまわっておりました。

いつも浮気された後に帰宅される時間を逆算していましたが、この日に限ってなかなか出てこない・・・

そして、すっかり明るくなり朝を迎えたのですがまだ出てきません。

寝ちゃっているのか。。。
裏から出られたか。。。いやいや、裏口もちゃんと見ている。

朝6時、やっと出てきました。

2人はタクシーに乗り女性宅へ。
調査員も車で追い、2チームに分かれて女性の自宅を確認、そして、ご主人様の帰宅を確認。

ここで調査終了です。

浮気調査が終わっても探偵一番大事なのはここから

調査報告書を見ながら調査のご報告をさせて頂いています調査が終わって、今回の調査報告書を作成してご依頼者様とお会いしました。

調査中にご依頼者様と連絡を取り合って進めていましたので、調査報告書を見て頂いた時、「あの時、このような感じだったのですね」とリアルに想像できた様子。

さて、ここからが腕の見せ所。

先に書きました通り、ご依頼者の気持ちは決まっています。

まずは、ご主人様との話し合いとなったのですが、さすがに最初は嘘をついていましたが、証拠を見せると急に無言に。

事のすべてをご主人様に伺うと

  • 出会ったのは、会社の同僚に誘われた合コン
  • 仲良くなってその日のうちから肉体関係を持つ関係に発展
  • 相手の女性は違う職場の事務員さんで既婚者
  • 会って肉体関係をもつことが楽しくなり続いていた
  • 相手の女性に対して、既婚者なので離婚するまでは考えていない

とのことでした。

ですが、ご依頼者様の気持ちは変わらず、これを機に離婚してほしいと告げ、その後数回話し合いの場を設けたのち離婚は成立

和解の内容は、ご主人様側は「相手の女性に迷惑をかけたくないのでこのままそっとしておいてほしい」。
ご依頼者様は、慰謝料として金銭と不動産をいただくことで成立しました。

和解が成立するまで約2ヶ月、スピード解決でご依頼者様も新しい道へと進むことができました。

浮気調査は情報が多ければ多いほど早く解決できます!

浮気調査は情報が多ければ多いほど早く解決できます!

浮気調査で肝心なのは、ご依頼者様がどれだけの情報量を持っているかです。

ご依頼の際に、どんな些細な事でも相談員に伝えるかによって、調査開始までの日数を短縮できたり、より多くの証拠を求めていくことも可能になってきます。

浮気調査は、すべて調査員に任せるのではなく、ご依頼者様のご協力があってはじめて成功するのもになります。

紫苑では、ご相談時にシッカリとサポートしておりますので、安心してご依頼いただければ嬉しいです。

ご予約は、予約フォームまたは011-206-0268までお願いします!