札幌で若者や出張の方に人気があった相席ラウンジのトラブル

札幌でも一時期流行った相席ラウンジとは

札幌でここ数年一気に流行った相席ラウンジも、最近では減少傾向にあるようですね。

何と言っても相席ラウンジの魅力は「女性無料」。

女性客の安価な設定から、出会いを目的とした入店はもちろん、女性同士の友人と飲み会で利用されている方も多いようです。

今回は、札幌の相席ラウンジで出会った女性に不信感を持っている、札幌在住30代の男性からのご依頼でした。

婚姻調査を依頼するまでのご依頼者様の悩み

調査依頼までのご依頼者様の悩み

札幌にある相席ラウンジで今回の対象者となる女性と出会って3ヶ月。

お客様にとってはやっとできた彼女で、今となっては肉体関係をもつ仲。

しかし、彼女と毎日LINEで話しても、夜になると会話の途中でもパッタリ返信が来なくなる日が続いており、デートしても22時近くになると、「親と一緒に住んでいるから」と言われてしまい、「これから」という場面でも毎回のように彼女は帰ってしまうとのこと。

札幌の相席ラウンジで出会い付き合いだした頃は「仕方ないな」と考えていましたが、日を重ねることによってどうしても不自然に感じてしまったそう。

婚姻調査をご依頼される2週間前には彼女と結婚の話になり、その時、彼女の動揺が不自然に感じて悩み、婚姻調査の依頼に踏み切ったそうです。

婚姻調査に関するご相談はメールフォームのご利用が便利です。

お問い合わせメールフォーム
お問い合わせメールフォーム

続きを見る

彼女の自宅は内緒、秘密に隠された事実

自宅は内緒、秘密に隠された事実

お客様は札幌の相席ラウンジで出会ってから今まで彼女の家に行ったことがなく、また、自宅も最寄りの駅しか教えてくれなかったそうです。

結婚の話を切り出しても、彼女からは家族についてあまり語られることなく、謎のままでした。

今回の婚姻調査では、お客様に彼女へデートの約束をしていただき、デート中から調査員が尾行することにしました。

19時に札幌市営地下鉄すすきの駅で彼女と待ち合わせ、近くの居酒屋さんにて飲食されたあと、雰囲気の良いバーへ行かれました。

時間も22時に近くなったところで、お客様が仰っていたように彼女はだんだんとソワソワしている様子。

お客様がお会計をしている時の彼女は、すぐにバーを出たいのか、彼をおいて1人店外へ出られました。

2人は札幌市営地下鉄すすきの駅で別れ、彼女は地下鉄に乗り、お客様から伺っていた「最寄りの駅」である札幌市北区にある北24条駅方面へ。

しかし、彼女がお客様へ話していた「最寄りの駅」では降りません。

彼女はお客様へ教えていた駅の隣の駅となる札幌市営地下鉄北34駅で下車。

彼女は、お客様へ嘘をついていた事実がここでひとつ明らかになりました。

札幌市営地下鉄北34条駅から歩いて徒歩5分、そこには

彼女は札幌市営地下鉄北34条駅から足早に歩き始めたとき、彼女の携帯電話が鳴り、歩きながら電話で話しはじめました。そこで調査員が耳にした彼女の言葉は

おかぁさんこれから帰るから待っててね!

お客様から彼女について、彼女は過去に一度も結婚していなく子どももいないと私たちは伺っており、彼女の声で調査員が凍りついたのは言うまでもありません。

数分後、彼女は自宅と思われる一軒家に入っていったのですが、その家の電気は明るすぎるくらいついており、庭にはまだ新しい子供用の自転車が置いてありました。

遂に彼女の素性が判明!それを聞いたご依頼者様は

遂に彼女の素性が判明!それを聞いたご依頼者様は

彼女の自宅も判明したのでその日の調査は終了。
途中経過をご依頼者様に報告すると・・・え?嘘でしょ?と。

そうお答えになるもの無理はありません。彼女からは独身・バツナシって聞いてるのですから。

調査員はその翌日、彼女が入っていった居宅の調査へと踏み切りました。
調査員はセオリー通りに居宅付近で張り込みを続けていたところ、午前8時頃、ドアが開きました。

家を出てきたのは男性と子ども。その後ろには彼女がエプロン姿・・・

シッカリと証拠を押さえ、調査員は早々に帰社し居宅の詳細を調査したところ、不動産登記簿には見たことのある名前が記載されていました。もちろん彼女の名前です。

早速、調査報告書を作成し、お客様へ詳しいお話をさせて頂くことにしました。
後日、事実を知ったお客様はひと言「騙された」と落胆されていました。

悩んだ着地点、その結果は

悩んだ着地点、結果は

私たちは、お客様がお話しされた「騙された」という意味は、彼女が結婚していることを指しているものだと思っていました。
しかし、お客様は違いました。

実は彼女にお金貸してるんです。

20万円ほど。

別れたくなかったので貸しちゃいましたとお話しするお客様。

すでに貸しているものは仕方ないとしても、私たちとしては金銭貸借の事実をなぜ教えてくれなかったことに残念な気持ちに。
お客様と今後についてお話させていただいたところ、「結婚しているのであればそのお金は返してほしいのと、調査料金を相手持ちにしてほしい」とのことでした。

私たち探偵は相手方と交渉することはできませんので、紫苑が提携している弁護士をご紹介させていただきました。

ご依頼者様と彼女のその後

自宅が売却されていました

提携弁護士が作成した強烈な内容証明のおかげで、お客様は彼女に貸したお金も戻り、弁護士費用と調査費用分となる慰謝料も彼女から支払われたそうです。
後日お聞きした風の便りでは、内容証明を彼女あてに送付したところ、彼女は「お金がない」と言い張り、結局、彼女のご主人さんが弁護士とお話しされたそう。

たまたま調査員が彼女のご自宅を通りかかった時に見たものは、子どもの自転車が置かれていた位置に「売家」の看板が建っていたそうです。

出会いの場として安価で人気のあった相席ラウンジも、すすきのでは閉店が続いているようです。
新型コロナウイルス感染症による影響もあるのかもしれませんが、少なくとも、このような相席ラウンジでのトラブルによる影響もあると思われます。

紫苑では、相席ラウンジでトラブルに遭われた方のご相談を受付けております。
相席ラウンジで出会った相手の素性・婚姻が不明でお困りになっている方は、お気軽にご相談くださいね。

交際相手
交際相手の婚姻関係

続きを見る

-紫苑の探偵ブログ
-