出会いは札幌市内で開催された婚活パーティーでした

出会いは札幌市内で開催された婚活パーティーでした

札幌市内でも盛んに開催されている婚活パーティー。

今どれだけ開催されているのか調べてみると、かなりの数が開催されていますね。

どれだけの方々が参加されているのかわかりませんが、紫苑へのご相談は年々増えてきているのが現状で、その殆どが「既婚者かもしれない」「騙されているのかもしれない」といった相談です。

 

今回は、婚活パーティーにご参加された30代の女性様からのご相談です。

札幌市内で開催されている婚活パーティーの現状

ご依頼者様は、友人と一緒に婚活パーティーへ参加されたそうで、その時に運転免許証を一瞬提示しただけで、ただ参加予約がされた名前かどうかの確認だけされたそうです。

 

肝心な、独身かどうかの確認は全くなかったそうですよ。

 

このように、婚活パーティーとは言えど、既婚の方なのか独身の方なのかシッカリと確認をしていないのが現状です。

婚活パーティーの開催会社によっては、独身を証明する書類の提示を義務付けているところもあるようですが、そうなると参加者が減る=婚活パーティーとして成り立たなくなってしまうことが懸念され、殆どが名前のチェックだけのようです。

当然、ご参加される方は「婚活パーティー」という名目で参加されている訳ですから、少なくとも参加者全員が「独身」と思っている事でしょう。

 

もちろん、今回ご依頼された女性もそう思ってご参加され、カップリングとなり、交際がスタートされました。

交際へ発展したけど何かがおかしい

交際へ発展したけど何かがおかしい

交際して数週間後、この時には既に肉体関係まで進みご依頼者様の気持ちの中では、「この人と結婚するかも」と思い始めていました。

もちろん、お相手の男性とも結婚について語ることもあって、結婚に向けてお互いに歩んでいこうとまでお話しされていたそうです。

 

でも、気になることが。

 

肉体関係もあるのに、朝まで一緒に居たことがないという事。
そして、彼の家に遊びに行ったことがないという事。

 

この二つがどうしても気になり、朝まで一緒に居ようと誘っても「明日早い時間から仕事だから」、今度家に行ってご飯作ってあげると言っても「うちの中汚いから」と、いつも避けられていました。

このような事が毎回のようにあり、徐々に疑いはじめるようになって紫苑へいらっしゃったのが経緯です。

ご依頼をいただいた時に教えてくれた情報

今回の調査は、交際期間数カ月という事もあり、情報が非常に少なかったです。

  • お相手の名前 → 漢字がわからない(苗字)
  • 自宅の住所 → 最寄りの駅しかわからない
  • 携帯電話の番号 → 確認済み
  • お相手の実家 → わからない
  • お相手の職業 → 会社員としか聞いていない
  • お相手が勤めている会社 → 会社名は聞いたけど本当かどうかはわからない

大きな手掛かりになるのは写真があることと、まだ交際中という事。

こうなったら強硬手段で調査開始です!

調査決行!明らかになる嘘の数々

まず、何気なしに彼とデートをして頂くことにしました。

そこで、調査員もお相手の事が少しでもわかりますからね。

夜も遅くなり、二人は別れることになり、それぞれ地下鉄に乗って帰宅となったわけですが、調査員はお相手側をそのまま尾行することにしました。

ご依頼者様がお話していた「最寄りの駅」は正解。

改札を出てそのまま尾行し、とあるマンションへ入っていきました。

マンション名から分譲マンションと判明しましたが、もしかするとリースで借りているかもしれませんので、この辺りは後程調べるとして、この日は部屋の確認をして終了。

翌朝、お相手の男性がマンションから出てきて出勤です。

そのまま尾行し、お相手の男性が入った場所は某デパートの職員通用口。

デパート勤務という事がここで分かりました。

この後、帰社して調査した内容を基に詳細を調べていきました。

今回の調査でわかったこと

今回の調査でわかったことは非常に多く、ご依頼者様にとっても有利な内容のものばかりでした。

  • お相手の名前 → フルネーム判明
  • 自宅の住所 → 持ち家でした
  • お相手の職業 → 某札幌市内でパート勤務
  • 婚姻関係 → 奥様と子供が1人いました

ここからご依頼者様の反撃です

事実を知ったご依頼者様。
最初はショックだったようですが、結果は想定していたとのことで、切り替えは非常に早かったです。

ご依頼者様が出した結論は

 

別れるのはもちろんのこと、慰謝料請求をしたい。

 

そりゃそうですよね、結婚の約束までしていたのですから。

ご依頼者様にしてみれば、お相手に騙されたと考えてもおかしくないですからね。

お相手の男性と会うことにありました

お相手の男性と会うことにありました

ご依頼者様にはデートの約束をしてもらい、とうとう話し合う日がやってきました。

お相手の男性は、ニコニコ顔でいつもと変わらない様子。

飲食店に入ったところで相談員の登場です!

 

調査結果を基に、お相手の男性に質問をする調査員。
そして嘘をつく男性の攻防が繰り広げられ、全ての調査結果を事実と認めました。

この時点で、二人がお別れすることが決まり、次は慰謝料請求となる示談交渉です。

ここからは弁護士の先生が担当し、シッカリと書面を交わして一件落着となりました。

ご依頼者様のその後

慰謝料もすべて受け取り、この案件に関しては全て終わったそうです。

また、婚活パーティーも懲りたとのことで、今はシッカリとしたところで結婚に向けて頑張っているそうです。

 

今回も、ご依頼者様の笑顔を取り戻せて本当に良かったです!