札幌在住30代の女性より夫の経済的DVでご相談-探偵が解決に向けて救済

夫からの経済的DVの現状

札幌市内に在住する30代の女性から、夫が生活費を故意に妻へ渡さない経済的DVが1年以上続いており、この状況に耐えきれない気持ちから早期解決に向けて力を貸してほしいというご相談から始まりました。

今回のご相談者である札幌在住30代女性のお客様とその夫が結婚されたのは、弊社にご相談いただいた日からおよそ4年前。

交際期間をいれると6年間になるとのこと。

結婚当初は女性のお客様(妻)そして夫も札幌市内で共働きをしており、夫名義の銀行口座に夫も妻も働いた給与を会社から振込まれるようにしていました。

銀行口座の通帳そしてキャッシュカードは夫そして妻がいつでも確認できるように、夫と妻ふたりが決めた場所に保管していたそうです。

経済的DVが発覚したキッカケは、夫がふたりで共有していた銀行口座の通帳とキャッシュカードを妻の了承を得ず持ち出し、紛失したという出来事から始まりました。

当初は銀行口座の通帳そしてキャッシュカードを再発行していると話す夫を信じていましたが、この日から一切、妻は夫名義の銀行口座の通帳そしてキャッシュカードを見ることはありませんでした。

それから経済的DVが解決されるまでの間、夫からの給与は家庭のために使われることはなく、また、どのくらい夫が勤務先から給与をもらっているかすらわからない状況が続いていたそうです。

経済的DVは札幌市内でも多くある出来事です

DVは肉体的暴力が多いかと思われがちですが、経済的DVも多く札幌のお客様からご相談が寄せられています。

今回のお客様のように意図的に銀行口座の預金通帳を持ち出す事例や、不意打ちに給与振込口座を変えて別居するケースなど、多数の経済的DVのご相談が紫苑へ寄せられております。

配偶者や同居・同棲中の同居人を調べると、ギャンブル癖であったり浮気・不倫での浪費などさまざまな原因が明らかに。

このような背景から、経済的DVにお困りになっている場合、その原因を追究することによって当事者との和解のときに有利になる「証拠」を押さえることもできますよ。

とくに、札幌市内で起こっている経済的DVによるご相談は年々増えてきております。

この記事を見て「当てはまるかも」とお気づきの方は、遠慮なく弊社までご相談くださいね。

DV立証サービスに関する詳細はこちら

あわせて読みたい!

夫の経済的DVの原因は浮気・不倫でした

正式に札幌市内に在住する30代の女性(妻)から経済的DV立証に関する調査委任を受け、対象者となる夫を調べることに。

同時に、家庭内の資産を一覧表に整理し、いつ婚姻費用の分担の協議に入っても万全な体制でいられるように日々コツコツと準備しました。

夫を調べること数日後、夫は退勤後となる19時頃、札幌市中央区すすきのにある飲食店前で女性と接触。

夫と女性は飲食店で飲食されたあと、ふたりは札幌市中央区すすきのにあるラブホテルへチェックイン。

翌午前1時過ぎにチェックアウトし、ふたりはタクシーに乗り札幌市東区方面へ。

札幌市東区内にある女性の居宅から徒歩5分圏内にあるコンビニエンスストアで女性だけをタクシーから降ろし、夫は自宅へそのまま帰られました。

後日、夫と一緒にラブホテルへ行かれた女性の素性を調べると、既婚・夫と子ども2人の4人家族都市うことが判明。

弊社で調べた内容を報告書にまとめ、早期解決のため弁護士に一任することになりました。

離婚と平和な生活へ

ご依頼者である札幌市内に在住する30代の女性(妻)と弁護士を協議した結果、経済的DVそして浮気・不倫に対しての慰謝料請求・同理由に離婚・婚姻費用の分担請求と進まれたそうです。

その結果、慰謝料1100万円を夫そして浮気相手となる女性へ請求したところ和解へ。

離婚そして婚姻費用の分担請求も無事に夫と和解成立となったとのことです。

札幌市でも少なくない経済的DVの立証依頼。

ただ配偶者が家にお金を入れてくれないだけではなく、その理由を追求すれば経済的DVの解決だけではなく、その後の生活自体も明るくなる可能性もありますよ。

すべては、経済的DVの立証とその理由まで追求しなければできないこと。

早期解決を望まれたい方は、遠慮なく弊社までお問い合わせくださいね。

紫苑へのご相談はこちら

お気軽にお問い合わせくださいね♪

-紫苑の探偵ブログ
-