札幌開催の街コンで出逢った相手を紫苑が婚姻を調べる!

札幌で開催された「街コン」そこには大きな落とし穴があった

数年前にメディアでも大きく取り上げられていた札幌市内で開催されている「街コン」。

今回は、札幌で開催された街コンで出逢った相手が既婚者っぽく怪しいとのこで、真相を掴みたくご相談にいらっしゃった30代独身女性のお話です。

街コンは札幌はもちろん、北海道内でも毎週のように開催されていましたね。

ここ数年間のあいだに、街コンの開催数は右肩下がりとなり、今ではほぼ話を聞かなくなりました。

その背景に、出会いを主に「街コン」という名で開催されていたものの、独身でも既婚者でも街コンのチケットさえ購入すれば誰でも参加することができます。

しかし街コン主催者側は、婚姻関係の確認どころか身元確認もなく、いわば「お酒を飲みながら出会いを探そう」的な軽いノリなものでしたので、「街コンで出会った相手が既婚者だった」「実は、ほかにも彼氏・彼女がいた」「家には同棲している人がいた」といった街コン参加者から恋愛事故のご相談が多数寄せられていました。

もちろん、街コンに参加されているなかには本気で彼氏・彼女を探している人もいらっしゃり、その温度差から事件や事故が多発していたのは言うまでもありません。

街コンは主催者と飲食店が儲かるシステム!出会いは二の次

表向きは「沢山の異性に会える」「これで彼氏・彼女ができるかも」と期待を胸に参加される方が多い中、主催者側も飲食店側もボランティアで開催している訳ではありません。キチンとイベントの中で収益を得ているのは皆さんおわかりでしょう。

簡単に言えば、札幌の街コンは「場の提供」だけであり、そこで飲食してくれればOK!な感じ

今でも札幌市内で毎日開催している婚活パーティーやお見合いパーティーも同じですね。

最近では札幌市内でもこのような仕組みが明らかになり、要領のよい方は堅実な出会いを探すようになりました。

参加するうえで理解しなければいけないのは、何が本当の開催理由なのかを知らなければいけません。

結局、街コンと言えど誰もボランティアで動くわけではありませんので、趣旨を認識したうえで参加されるとよいでしょう。

街コンや婚活パーティーで明らかになったこと

さて、そろそろ本題に移りましょう。

街コンが盛んに札幌市内で開催されていた頃にいただいたご依頼でしたが、ご相談中のお話のなかで、あるキーワードが浮かび上がりました。

  • 街コンに参加するときは身分証明書の提示はあるが運営側はただ見ただけ
  • 街コン開催者側で婚姻関係があるかどうか確認していない
  • 街コン運営側は、ただ出会いの場を提供するだけなのでその後については一切関与しない

上記3つのキーワードは、紫苑にてご相談される方の中で、札幌の街コンに参加されたお客様がお話しされていた内容です。

当然、街コンで開催時にただ見ただけの身分証明書は後日なんらかのトラブルがあった時には何も対処できないですし、婚姻関係もわかりません。

このような事から、札幌の街コンはトラブルの出てしまう要素が非常に多くあることが伺えます。

今回は、お客様が交際に至って日が浅いこともあり、簡単に婚姻関係調べてほしいという依頼を受けることとなりました。(案件の内容によって調査方法は変わります

婚姻調査でわかったことは本当の真実

街コンで出会った札幌在住の男性を調べた期間は約1日。

わかったことはただ一つ、それは真実です。

対象者は結婚していました。
奥様も同じ職場で働いていました。

ご依頼者様には、調査報告書と共にご説明させていただきましたが、薄々わかっていたようで、とてもスッキリとした感じでした。

その後、離縁したのはいうまでもありません。

この記事をご覧の皆さんは気を付けてくださいね。

-紫苑の探偵ブログ
-