札幌の「街コン」そこには大きな落とし穴があった

紫苑が札幌の街コンで出逢った相手の結婚調査数年前にニュースでも大きく取り上げられていた街コン。
札幌はもちろん、北海道内でも沢山開催されていましたね。

今回は、街コンで出逢った相手が結婚しているかどうかわからなく、困ってご相談にいらっしゃった30代女性の方のお話です。

街コンは主催者と飲食店が儲かるシステム で出会いは二の次

表向きは「沢山の異性に会える」「これで彼氏・彼女ができるかも」と期待を胸に参加される方が多いですが、主催者側も飲食店側もボランティアで開催している訳ではありません。
キチンとイベントの中で収益を得ているのは皆さんおわかりでしょう。

簡単に言えば、街コンは「場の提供」だけであり、そこで飲食してくれればOK!な感じ。
毎日開催している婚活パーティーやお見合いパーティーも同じですね。

最近では、このような仕組みが明らかになったせいか、参加される方も少なくなってきているようです。

街コンや婚活パーティーで明らかになったこと

さて、そろそろ本題に移りましょう。
街コンが盛んに札幌市内で開催されていた頃のご依頼でしたが、ご相談中にあるキーワードが浮かび上がりました。

[su_list icon=”icon: check” icon_color=”#b76d50″]

  • 参加するときに身分証明書の提示はあるが運営側はただ見ただけ
  • 婚姻関係があるかどうか確認していない
  • ただ出会いの場を提供するだけなのでその後については一切関与しない

[/su_list]

上記3つのキーワードは、紫苑にご相談される方の殆どが仰っている内容です。

当然、ただ見ただけの身分証明書は後日何らかのトラブルがあった時には何も対処できないですし、婚姻関係も分かりません。

このような事から、トラブルが出てしまう要素が非常に多くあることが伺えます。

今回は、交際になって日が浅いこともあり、簡単な婚姻調査という運びとなりました。
案件の内容によって調査方法は変わります

調査でわかったことは本当の真実

調査期間は約1日。
わかったことはただ一つ、真実です。

対象者は結婚していました。
奥様も同じ職場で働いていました。

ご依頼者様には、調査報告書と共にご説明させて頂きましたが、薄々わかっていたようで、とてもスッキリとした感じでした。

その後、離縁したのは言うまでもありません。
この記事をご覧の皆さんは気を付けてくださいね。