出会い系サイトでトラブル

婚活サイトで起きたトラブルのご相談が多くなってきています

「出会い系サイト」つい先日の出来事で言えば、あおり運転のカップル。
出会ったのは出会い系サイトで、マッチングしてその後会い、交際に至ったそうですね。
今、某出会い系サイトの登録利用者数は600万人以上と言われ、沢山の方々が利用されています。
2018年の出来事ですが、紫苑に1通のメールが届きました。

「出会い系サイトで出会った男性の住所がわからないので調べてほしい」

この手の相談は年々増えています。

サイト運営側は利用者の住所を教えてくれません

スマホから出会い系サイトにアクセス出会い系サイトを利用された方はおわかりになるかと思いますが、基本的に身元確認はしていないところが多く、相談者に「事情を話して調べてみたらいかがです?」とお話しをすることも多いのですが、今まで「住所がわかりました!」というお返事は1度も頂いたことがありません。

その理由は

  • 個人情報なので拒否された
  • 運営者側から「知りません」の一点張り
  • 「利用者さんの情報は知りません」と言われた

など、100%教えてくれることはありません。
教えてくれるとしたら、何かしらの事件として公にし、相応の手続きを踏まなければ難しいでしょう。

今回のケースは相手が何も教えてくれない

この相談者さんは、出会い系サイトで知り合って2ヶ月。
名前はわかるけど住んでいる家と職場がわからないとのこと。
普通にお付き合いしているのであれば、自宅や職場は正直に話すもの。
プロポーズまで進まれているのであれば猶更です。

何かおかしい…

今回のご相談者さんは20代で、お金のかからないご自身でできるようなことをアドバイスしました。
そして数日後、相談者さんから「やっぱり隠そうとして何か変です」と。

まずは、自宅と職場を知りたいというご希望でしたので、パック料金にて調査依頼のご契約を頂き、事前調査→本調査へと進めていくと想像通りの結果に。

調査開始から1時間で明らかになる驚きの事実

相談者さんと事前打ち合わせした通りに調査を開始。
具体的な調査方法は割愛させていただきますが、自宅を割り出すのに1時間、職場の割り出しに2時間の合計3時間の調査でわかったことが大きく3つ。

  • パートナーは結婚していました
  • 奥様のほかに子供が2人
  • 職場はパートナーの親が経営している会社

もちろん、この3時間で逃れられない証拠も押さえています。

ご依頼者様へ報告とその後の打ち合わせ

調査中に何度か相談者さんへ状況報告をさせて頂いていたので、報告書をお渡しする時にはもう覚悟を決めていたそうです。
相談者さんの選んだ道は

慰謝料請求での示談

でした。
ここからは、紫苑の顧問弁護士にお任せして、調査依頼の相談を受けて1か月以内のスピード解決となりました。

出会い系サイトを利用すならリスクを覚悟してください

今回のケースは、ご依頼者様とそのパートナーとの間は、婚約状態になりましたので、慰謝料請求ができました。
しかし同じようなケースで、過去に泣き寝入りするケースもありました。

出会い系サイトはその相手が結婚しているのか独身なのかもわからないですし、そもそも名前をごまかすことも容易なツール。

出会い系サイトを利用するのであれば、相手がどんな人か確かめることが先決であり、自分の事を何も話さない人は要注意しなければいけません。

また、出会い系サイトだけではなく、札幌や旭川、函館で行われているお見合いパーティーなども同様に言えることです。

もし、今回の相談者さんと同じケースかな?と思われた方は遠慮なく紫苑までご相談くださいね。