マッチングアプリで交際に発展!しかしお相手は既婚者だった

手軽に登録できる出会い系スマホアプリ

札幌市内でも流行っているマッチングアプリ。
今となっては、全国のマッチングアプリ登録数1000万人を超えていると言われています。

お客様とのご相談後に「どんなものなのかな?」と検索すると、ズラッと出てくるのはいいのですが、そのあとフェイスブックなどのSNSを見ると、出会い系アプリの宣伝広告が出てくる出てくる(笑)


それだけ広告料に費用を掛けれるのですから、さぞかし運営会社様はかなり儲けているのでしょうね。

札幌在住30代女性様からのご依頼でした

札幌在住30代女性様からのご依頼でした

このマッチングアプリを利用していた札幌在住30代の女性様からLINE@でご相談を受け、結婚の約束をしているけど彼の様子がおかしいとのことでした。

出会ってから毎回のようにデートパターンは決まっており、居酒屋さん→ラブホテル→解散という感じ。

彼の家には一度も行ったことがなく、自分の家にも入ろうとしないそうです。

おかしいな?」と思い、彼に「今度家に行っていい?」と聞いても無反応。
自分の家に誘ってもなかなか来ることはありませんでした。

ご依頼の時の情報が沢山ありましたので、スムーズに調査に着手できました

ご依頼の時の情報が沢山ありましたので、スムーズに調査に着手できました

ご依頼を受けるときには皆様に、今わかる情報をすべて持ってきてくださいとお願いしているのですが、今回のご依頼者様はキチンとまとめて持ってきてくれました。

調査員一同、全員喜んでいましたよ^^

彼がお勤めになっている職場もご依頼者様は知っていたので、事前調査後はすぐに着手。
まずは、彼の仕事帰りから尾行し、ご自宅を探し当てることとなりました。

彼の職場は札幌市中央区のオフィス街。
ご自宅は東区で通勤は地下鉄という情報を頂いていましたので、2名体制で尾行そして、車を使われては困りますので、1名社内待機で準備。

いつも仕事帰りのデートだったので、そこから時間を逆算して彼の勤める会社が入っているビル周辺で待機。

ほどなくして彼が会社から出てきました。

この日はご依頼者とのデート予定は立てていませんので、うまくいけば自宅に直帰、最悪どこかに寄るでしょう。

尾行をしていると、足歩取りは地下鉄駅方面。

このままいけばスムーズにいけば、すぐに自宅はわかるかな?と思った矢先、改札を通り向かった先は

東豊線 福住方面のホームへ…

真逆じゃん!(笑)

とりあえず、ご依頼者様に連絡をし、その旨伝え調査続行。

向かった先は、札幌市豊平区美園でした。

調査は延長戦!対象者はいつ動くかわからない

調査は延長戦!対象者はいつ動くかわからない

美園駅に到着し、彼は慣れた足取りでとあるアパートへ。

呼び鈴を鳴らし、部屋に入っていきました。

ん?自分の家だったら自分で鍵出すよね?
しかも、呼び鈴鳴らしてからしばらく立ってたよ…

ここで再度、ご依頼者様へ状況報告。
とりあえず、このまま続行する形になりました。

そして4時間後、部屋から彼が出てきました。

向かう先は地下鉄御園駅。

美園のアパートについては翌日調べることとして、引き続き尾行。

今回は栄町行きのホームから乗りました(笑)

午前0時前にやっと突き止めた彼の自宅

午前0時前にやっと突き止めた彼の自宅

彼が降りた駅は新道東駅。
この地域はアパマンも多いですが、一軒家も多い地域。

さぁアパマンか一軒家かどっちだ?

彼が入った家は一軒家。

ありがたいことに、ご依頼者様が情報をくれた名前と一致しています。

でも・・・家に入るとき、電気ついてたよね?

とりあえず自宅がわかった時点でご依頼者様へ状況報告。

ここからは事務的な調査が多くなるので、纏まったら再度連絡をすることとなりました。

調査翌日、それぞれの家の住居氏名が判明しました

調査翌日、それぞれの家の住居氏名が判明しました

まずは東区の一軒家、こちらは対象者の自宅に間違いありません。

ご丁寧に奥様と共同名義の自宅でした。

ここで、既婚者である事が確定。

で、美園のアパートはというと・・・

多分、もう一人の浮気相手だと思われます。

調査報告書も出来上がりましたので、さっそくご依頼者様と調査の報告と今後について打ち合わせです。

ご依頼者様はご立腹!対象者の行く末は?

ご依頼者様はご立腹!対象者の行く末は?

まずは対象者と話さなければ先に進みません。

ご依頼者様の意向により慰謝料請求を考えていたので、弁護士さんを依頼、4人で話すことになりました。


対象者の仕事帰りの時間に合わせて、対象者の職場前で待機。

近くの喫茶店で話し合うことになりました。


最初はお決まりの「」をついておりましたが、証拠を見せるとすぐに謝罪。

示談書にサインをして一見落着となりました。

ご依頼者様はその後、出会い系アプリに懲りたのか、しばらくは一人で居たいと仰っていました。

で、気になるのは美園の浮気相手。

話し合いの時に、浮気相手と認めたわけですが、実は、その後キチンと対象者と別れています。

美園の女性も、出会い系アプリで知り合ってお付き合いされていたそうですよ。

真剣に結婚相手を探すのであれば、お手軽なツールではなく、シッカリとした結婚相談所などをご利用することをオススメします!