出会いのキッカケは出会い系スナック

出会いのキッカケは出会い系スナックでした

今回の依頼者様は、札幌に在住する30代の女性OLさん。

今、交際(婚約)している男性が結婚しているのかも?」と、LINE@でご相談を頂きました。
LINE@である程度の概要をお聞きし、その翌日、ご依頼者様のお仕事が終わられる時間に合わせて来社していただきました。

今回の対象者となる男性との出会いは、独身男女が集っている「出会い系スナック」と言われる、スナック形式で出会いが求められる場所。

ご依頼者様は、たまたま友人に誘われて「いい人が居たらいいね」程度に行かれたそうです。

この時にご依頼者様と一緒の席になったのは、今回の調査で対象者となる40代の男性。

この男性は終始凄く優しく接してくれたそうで、この時、ご依頼者様は今回の結末の事は1ミリも考えていなかったそうです。

交際に発展してプロポーズへ

出会った日から2人は、週末になればお互いの休日を利用してデートを繰り返していました。

対象者は恵庭市の某企業に勤め、会社から徒歩5分のアパートに住んでいました。
普段はデートの度に対象者が札幌まで来ることが多かったそうです。

数ヶ月デートが繰り返され、今回、調査依頼をされるおよそ1ヶ月前のこと、依頼者様のご自宅でゆっくりされているときに対象者はご依頼者様へプロポーズをされました。

もちろん、ご依頼者様は対象者からのプロポーズを承諾されたそうです。


ご依頼者様も、その時は結婚に対して前向きで「この人と一生苦楽を共にするんだな」と日毎に意識するようになっていたそうです。

ある日、対象者から出た言葉

プロポーズがあった翌週のデートの時、対象者の様子がおかしく落ち込んでいたそうです。

当然、ご依頼者様は対象者に声を掛けその1時間後、やっと口に出した言葉は

会社で失敗してしまって、50万円払わないといけない。今、このお金を出してしまうと結婚資金が無くなってしまう

ご依頼者様もその時にはもう2人の事だからと考えてしまい、近くのATMでコツコツ貯めた貯金を崩し対象者にお金を渡しました

対象者にお金を渡してからは、今まで毎日LINEや電話で話していた関係が、だんだんと間隔が開いてきたそうです。

対象者の自宅にあった1通の書類

お金を貸した翌週、ご依頼者様は恵庭に向かい、彼の家に入りました。

お金のことはさておき、ご依頼者様は結婚に向けた話をしたかったのですが、対象者は結婚についてあまり乗り気でなかったそうです。

しばらくして対象者がトイレに入った時、ご依頼者様はおもむろに置いてあった書類が気になって見てみると・・・

何も記入されていない幼稚園入所申込書でした。

それを見てビックリした依頼者様は、対象者に「なにこれ?」と聞いたところ、少々驚いた様子で「友人が保証人になってほしいって言ってきたんだよね」と。

幼稚園入所申込書をよく見ると、そこに書いてある幼稚園は東京都内にある幼稚園。

このことがキッカケになり、ご依頼者様は対象者を疑う目に変わっていきました。

家財道具の少ない対象者の自宅や急にお金を要すること、お金を貸してからの連絡の少なさ、時折週末に重なる出張などが重なり、愛情から不安そして疑いへと気持ちは変わったそうです。

この時のことがキッカケとなって。紫苑へ調査依頼へと進まれました。

結婚相手の調査を開始!探偵が飛び回る

調査依頼を受けて、ご依頼者様と調査員はそのタイミングを狙っていました。

まずは簡単に対象者の普段の生活から調査を開始して、依頼を受けたその翌週、対象者は出張で東京に行かれるという話をご依頼者様が聞きつけ詳細を調査。

対象者が出張に行かれる当日、紫苑にて事前に航空会社や便名まで調べ上げ、調査員も同行!

新千歳空港内でお土産など購入している対象者を見守りながら、飛行機に搭乗し羽田空港に到着。

その時すでに22時をまわっており、いくら東京と言ってもこの時間になると、ピークの時間から比べて非常に人が少なく尾行には最適でした。

電車を乗り継いで最終的に下車した駅は北千住、羽田空港からおおよそ1時間の電車の旅でした。

北千住駅から徒歩で15分くらいでしょうか、対象者の本当の自宅となる集合住宅に到着。

調査員はこのまま待機していました。

その翌日、対象者が集合住宅の玄関を出てきて、その後ろには・・・

30代の女性が子どもと手を繋いでいる姿が。

しばらく様子を見ると、自宅を出て数分後には3人で手を繋ぎ、新宿方面へと向かいました。

3人で電車に乗り、デパートで一緒に買い物をする姿や飲食店に入り食事をする姿、自宅に戻る姿と数々の証拠を押さえ、週明けの平日には対象者の婚姻関係も調べて調査員は札幌へと帰ってきました。

もちろん、帰りの新千歳空港から対象者の自宅までも分単位で記録済みです!

依頼者様へ調査報告書を渡す瞬間

実際に調査依頼を受けて、調査報告書をお渡しするこの日までに要した時間は約2週間。

本当にあっという間だったなという印象です。

調査報告書のページ数で言いますと、約100ページにも及ぶボリュームとなっていました。

ご依頼者様が来社して、調査報告書にもとづいて説明をさせていただきましたが、最初は真剣に話を聞いていた姿も最後は怒りの涙に変わり、今後について話し合いました。

依頼者様の反撃!依頼者様は1人じゃない

今回の調査結果は、対象者は婚姻関係にあって尚かつ金銭の貸借もあります。

そこで依頼者様が望んだ行動は、刑事告訴と慰謝料請求。

ここからは刑事事件に強い弁護士さんと一緒に進まれますが、弊社もサポートに入らせていただきました。

この先は結果しかお伝え出来ませんが、数日後には婚約を解消し対象者に貸したお金は全額返還され、慰謝料として相応額取れたとのこと。

このように金銭的なものや男女関係については解消されましたが、今回起こったことに対しての傷はそう簡単に癒えるものではありません。

今も時折依頼者様とお話ししていますが、以前よりは良くなりつつあるものの本調子になるまでにはもう少し時間がかかりそうです。

弊社では、このような時にでもシッカリとフォローさせて頂いております。

紫苑は、調査だけの探偵事務所ではありませんし、調査員が出張し他の調査が疎かにならないようバランスを考えて調査依頼を受けています。

紫苑の担当者はいつでも依頼者様の味方です。