ラブホテルに向かう二人

プロだからわかる証拠の効果

浮気調査や不倫調査の動画サイトやドキュメント番組などでよく見る、浮気相手とラブホテルを出入りする写真を撮る風景

これはどれだけの証拠能力があるのか考えている方はいらっしゃると思います。

「二人でラブホテルに入ったんだからそれで浮気として認められるだろう」と言われる方も少ないと思います。

今回は、ラブホテルに出入りする写真がどれだけの不貞の証拠として効果をもたらすかお話ししていきます。

ラブホテルを出入りする写真は決定的な浮気の証拠と言えるのか

浮気調査のご依頼を受けて調査を進めていくと、大体の対象者が入られるラブホテル。

浮気をしている二人がラブホテルを出入りする写真は必ず証拠として写真を撮ります。

 

殆どのご依頼者様は、この写真を見て「決定的な証拠」と位置付けると思います。

それもそうですよね、二人で歩いていたり食事している写真よりは、場所が場所なだけに言い逃れのできない決定的な証拠と考えると思います。

 

その答え、半分正解です。

実は、これだけでは浮気の証拠として非常に弱いのです。

浮気の証拠として認めさせるには?

1回のラブホテルを出入りする写真を対象者に見せても、100%言い逃れされるでしょう。

何故かと言いますと、「ただ重要な話をしたかったからラブホテルを使った」と言ってしまえばそれまでですから。

特に、調停や裁判といった法を基に判断するとなれば、お互いの言い分を聞き、客観的に、そして公平に判断しなければいけませんから、「ラブホテルに行ったけど何もしてない」と言われれば、その言い分を認めなければいけなくなってしまうからです。

 

では、どうしたらいいのか。

 

それは、1回だけではなく複数回の証拠を得て、その証拠の価値を上げることが重要です。

証拠の価値を上げて決定的なものに仕上げるのがプロの仕事

紫苑の調査は「事実」をただご依頼者様に伝えるだけの仕事はしていません。

何故なら、それだけの仕事であれば、素人でもできてしまうからです。

 

たった1回のラブホテルの出入りを写真に収めるのは、スマートフォンをお持ちの方であれば、運良く決定的瞬間を撮ることができるかもしれません。

しかし、それは非常にリスクの高い行為

 

もし、その行為が第三者に見られてしまい、不審者扱いされ盗撮として警察を呼ばれたら、不貞の証拠どころか自分の身の危険の方が先になってしまいます。

つまり、何故写真を撮っていたのかを立証しなければいけなくなり、状況によっては身元引受人も必要となってきます。

 

また、自分で調査をしてバレてしまったらどうしますか?

 

そこまで危険な事をしながら証拠を掴もうとして、「証拠不十分」として扱われてしまったら時間もお金もかかってしまいますし、何よりも不貞の状況が変わってしまう事も考えられます。

 

私たち紫苑は、証拠をただ事実証明するのではなく、言い逃れのできない証拠を掴み、ご依頼者様の武器にする力があります

これは、今までの数多くの調査経験とノウハウがあるからで、プロの調査として、その証拠が言い訳のできない立証能力を持たせることができる仕事をしているからです。

浮気の証拠は、1回だけのラブホテルの出入りだけでは足りませんし、その写真だけでは立証できません。

まとめ

ラブホテルの出入りする写真は1回だけでは足りませんし、その前後の行動も必要です。

 

要は、「ラブホテルに行ったから不貞」と立証するためには、どこで会って、移動手段は何を使って、どこのラブホテルに入って、どのくらいの時間を滞在して、どこで別れて、相手は誰でと調査することは沢山あります。

 

中途半端な調査をして相手を問い質しても、結果として無意味なものになってしまうのであれば、何もしない方がいいです。

探偵に依頼せずに、素人の方にお願いをして調査に失敗しても、その方は責任は取らないでしょうし、ただ自分だけが損をしてしまう事になるでしょう。

 

そうならない為にも、法律を守って対象者にバレず、言い逃れのできない証拠を確実に用意するプロの探偵に依頼することが、一番の解決の近道なのです

 

ラブホテルの出入りをしている写真は、証拠としての価値はあるものの、その効果は、その写真だけでは低いという事だけご理解ください。