札幌の相席居酒屋で知り合って交際!その彼の素性は?

札幌のお友達と飲み会!そこに出会いがありました

今回のご依頼は、札幌市在住30代の女性のお客様。

会社の友人と「週末飲み会をしよう!」という話になり、ワクワクしながら札幌市中央区すすきのにある相席居酒屋に集合、そこにいた男性2人組と相席になった結果、2人は交際に至ったそうです

ここまでは普通にあり得るお話ですが、札幌市中央区すすきのにあるこの居酒屋さんは相席居酒屋として噂になっていた店舗。

飲食がメインというよりは異性との出会いがメインの居酒屋さんです。

お客様はその男性と意気投合して、2件目、3件目と流れ、気が付いた時には待ち合わせをした友達とも別れ、当然今回の対象者となる男性と2人きりとなり、彼氏がいなかったお客様はそのままラブホテルで一夜を共にしました。

相席居酒屋とは

札幌でも数店舗ある相席居酒屋。

居酒屋と聞くと、お酒と料理がメインという発想になりますが、ここで言う相席居酒屋は出会いがメイン

当然、男女のペアが利用するものではなく、同性同士が入店し、異性がいるシートに案内してくれるというシステムです。

女性は入店料金が無料であったり食事が無料であったりと金銭面ではメリットは非常に多いのですが、出される料理は簡単なものばかり。

男性はというと、少しお高いスナックくらいの料金が請求されます。

コスト的な問題で、利用される女性は若年層、男性は30代からが多いのが特徴です。

相席居酒屋からの2人

2人は別れ際に、LINEと電話番号の交換。

それからは毎週末に毎回札幌でデートを繰り返していたそうです。

相席居酒屋で知り合い交際開始から半年が過ぎ、ご依頼者様も「いい人そうだしこのまま結婚するのかな?」と思いはじめた頃、交際相手から、「そろそろ結婚考えない?」と言われ、そのままプロポーズという流れに。

結婚となれば、一緒に暮らす家などお互い話し合うことになるのですが、ご依頼者様は一度も家に行ったことがなく、対象者の勤め先も詳細はわからないまま。

このままだと、親に説明するにしても何もできないと悩み続け、ご友人様のご紹介で、紫苑にお越しになりました。

今回は、彼氏の住所と勤め先を調べてほしいというお願いでした。

交際相手の住所・勤務先の調査についてはこちら

証拠を押さえる調査員
証拠の取得・監視

続きを見る

手掛かりはほぼ写真だけでも調査は可能です

対象者の手掛かりとなるのは、名前と電話番号と写真くらい。

ご依頼者様と、調査にかかる期間や費用を相談しながら進めていくことになりました。

とある土曜日の夕方にご依頼者様と対象者は、JR札幌駅で待ち合わせる約束をしていました。

今回のデートは、あくまでも彼氏の住所と勤務先を知るためのデート。

ご依頼者様は、いつものように食事をしてラブホテルに行くものではなく「食事をして終わり」と最初から予定を立てていましたが、対象者にはそのことを話していません。

待ち合わせ場所に対象者が現れ、フードコートで食事を1時間程されたあと、ご依頼者様は「親に呼び出された」という口実を使い、JR札幌駅で二人は別れました。

対象者は札幌市営地下鉄を利用

ご依頼者様から聞いていた対象者の住所は札幌市北区。

しかし、彼が利用した路線は真逆の札幌市南区方面の電車でした。

札幌市営地下鉄札幌駅から電車に乗った彼は、2つ隣のすすきの駅で下車。

改札口を出て、携帯電話を1時間程触りながらその場に居座る彼。

そこに現れたのは1人の女性でした。

対象者とこの女性は腕を組みながら札幌市中央区すすきのにある飲食店へ。

その姿は普通のカップルにしか見えませんでした。

対象者が動き出し、向かった先は

対象者は、2時間程女性と飲食をされ、外に出ました。

お酒も入っているようで、対象者は女性の腰へ手をまわし札幌市中央区にある中島公園方向へ。

向かった先は、札幌市中央区すすきのにある某ラブホテル。
ここで2人で部屋を選ぶ瞬間撮らせていただきました。

ここで、ご依頼者様へお電話。

調査員:飲食店を出られ、2人でラブホテルに入られました。

ご依頼者様:もうダメですね。

調査員:証拠は押さえてありますので、あとは出てくるのを待つだけです。

ご依頼者様:もう結婚は考えられないので、浮気の証拠だけ掴んでもらえますか?

調査員:お任せください!

このようなやり取りで、対象者が言い逃れのできない証拠を掴みに行くこととなりました。

2時間後、ラブホテル前で女性と別れる

時間も23時をまわり、2人はニコニコしながらラブホテルを出てきました。

もちろん、この場面の証拠を押さえています。

ラブホテルの玄関を出てすぐに2人は別れ、対象者はススキノ方面へ、女性は中島公園方面へ歩きはじめました。

ここからは、調査員も2手に別れて尾行。

それぞれの居宅を確認し、この日は終了。

詳細については翌日から徐々に詰めていくことにしました。

対象者の素性が明らかになる!

前日、対象者が帰宅した物件はマンション。

物件名から、対象者の自宅は分譲マンションと判明し詳細を調べたところ、対象者の名前と同じ名字で女性の名前があり、対象者は既婚の可能性が大きくなりました。

また、対象者はご依頼者様へ居宅は「アパートに住んでいるから恥ずかしくて家に呼べない」と言われており、徐々に対象者の「嘘」が浮き彫りに。

そしてもうひとりの女性の素性。

こちらも居宅から驚きの事実が判明しました。

ふたりの衝撃的な素性

引き続きふたりの素性を調べた結果、驚くべき事実が判明しました。

【対象者】

既婚者
子ども1人
サラリーマン

【女性】

既婚者
子どもなし
OL

もうメチャクチャです。

このままだと、本当にご依頼者様が可哀想でならなく、私たちも複雑な思いになっていました。

何故なら、ご依頼者様は本当に純粋で真面目な女性だったからです。

当然、ご依頼者様には考えもあると思いますので、ご依頼者様に来社して頂くことにしました。

結果をもとにご説明をし、ご依頼者様が出した結論は、弁護士をたてて戦いたいということに。

その1ヶ月後、慰謝料請求をした結果150万円の示談が成立。

ご依頼者様へ無事支払われたそうです。

安易な出会いは落とし穴があるかもしれません

今回は無事に解決へと結びつきましたが、相席居酒屋でのトラブルは年々多くなっています。

過去例を挙げますと、相席居酒屋で知り合った相手との妊娠問題、金銭問題、男女問題など多くのご相談を受けているのが現状です。

男性としては、スナックなどに行くより素人の女性を手っ取り早く落とせるメリット。

女性は、安価でお酒もおつまみも場も提供してくれるというメリットが相重なって人気があるようです。

しかし、なかには「本気」になる方もいらっしゃるのが現状。

相席居酒屋だけではなく、安易な出会いは特に慎重にならなければいけない時代です。

相席居酒屋でのトラブルについてのご相談は、無料メールフォームのご利用が便利です。

お問い合わせメールフォーム
お問い合わせメールフォーム

続きを見る

-紫苑の探偵ブログ
-,