2021年1月の主なご相談・調査・解決事例

彼女の浮気 | 札幌市在住41歳男性

同居中の彼女(42歳)の浮気。

1ヶ月前より彼女の携帯電話が頻繁に鳴るようになり、携帯電話のポップアップを見たところ、「今度いつエッ〇する?」「昨日気持ちよかった?」というlineメッセージがあった
このポップアップ画面は携帯のカメラで撮影済み。

もし本当に彼女が浮気しているのであれば、慰謝料を請求して別れたい。

2020年12月受任案件

対象者自宅付近より張込み。

対象者は、自宅から徒歩5分圏内にあるホームセンターの駐車場に移動し、札幌市東区在住30代独身男性と接触。
2人は飲食店にて食事をされたあと、石狩市内に所在するラブホテルにチェックインをした。
ラブホテル滞在時間は約3時間。

対象者に関する複数の不貞証拠を押さえました。

インターネットトラブル・彼氏の捜索 | 札幌市在住48歳女性

2020年に婚活サイトで出会った男性より、「結婚するためにお金を貸してほしい」と言われ、男性へ85万円を貸した。

金銭を貸して2週間後、男性の携帯電話に電話をしても着信拒否をされ、男性の自宅に行くと引越しされていた。
警察に届け出ることも考えたが、公私ともに事実がバレるのが心配なので、ある程度の費用が掛かっても居場所だけでも知りたい。

2020年12月受任案件

対象者の自宅付近にて聞き込みをしたところ、調査に入る2~3週間前に自宅を退去したしたとのこと。

独自ルートで調査をすすめたところ、対象者は札幌市中央区内に転居したことが判明した。

夫の浮気 | 札幌市在住30歳女性

夫(26歳・会社員)の浮気。

相談する数日前に夫が着ていたズボンから避妊具が見つかった。
ネット通販で入手した精液検査薬でその時に履いていたパンツを調べたところ、精液の付着と判定結果が出たとのこと。

夫が浮気しているのであれば、慰謝料請求をして離婚したい。

2020年10月受任案件

対象者の勤務先より浮気調査を開始。

対象者は札幌市西区に所在するコンビニエンスストア駐車場にて、札幌市西区在住40代独身女性と接触。
その後、札幌市手稲区に所在するラブホテルにチェックイン、2時間後チェックアウトした。

ほか複数の不貞証拠を押さえた。

夫の浮気 | 札幌市在住36歳女性

夫(36歳・会社員)の浮気。

2ヶ月前に夫の浮気が発覚し、今後浮気はしないという誓約書を書かせた。
数日前に夫の携帯電話を見たところ、2ヶ月前に浮気をしていた女性とlineで繋がっており、会う約束をしている内容を確認した。

夫の浮気相手に対し慰謝料を請求し、夫とは今後について話し合いたい。

2020年12月受任案件

夫が勤務する職場より夫を尾行したところ、札幌市東区在住の既婚女性と接触。
同区内のラブホテルにチェックイン、30分後にチェックアウトした。

前回夫に誓約書を書かせた時の物証は、言い逃れができてしまう証拠能力の低いものだったため、複数回の調査と証拠を押さえた。

夫のDV | 札幌市在住43歳女性

夫は飲酒するたびに性的暴力を振るってくる。

DV相談窓口に相談をしたところ、「夫婦の営みですから」というような回答しかなく、具体的な解決策が見つからない。
夫と離婚したくても言えない状況なので、夫からDVを受けている証拠だけでも押さえてほしい。

2020年11月受任案件

DVの証拠を押さえるため、自宅に機材を設置。
数日後、夫が妻へ性的暴力を行っている言い逃れのできない証拠を押さえた。

近隣のトラブル | 札幌市在住38歳男性

隣近所に住んでいる60代男性が町内住人へ、お客様の事実無根な話を他人に話していると町内会で話題になった。

対象者は過去に同様の問題を起こしている経緯があり、今回はその証拠を押さえ、名誉棄損罪で提訴を考えている。

2020年10月受任案件

町内会のご協力のもと機材を提供したところ、対象者が依頼主の事実無根な内容の話を第三者にしている会話を録音することに成功しました。

子の連れ去り監視 | 札幌市在住28歳男性

現在、妻と同居しながら離婚調停中。

妻は専業主婦、子どもは幼児教室へ週に数回夫婦どちらかが連れて行っている。
妻は精神疾患をもっており、いつ子どもを連れ去るかわからないので監視してほしい。

2020年12月受任案件

妻が子どもを連れて幼児教室へ行く日に合わせて調査を開始。

事前に仕掛けておいた車両・宅内・携帯電話などの機材から子の連れ出し実行日を入手。
妻が子を連れ出し、新千歳空港行きのバスに乗り込むところで連れ出しを阻止した。

夫の浮気 | 恵庭市在住37歳女性

夫(41歳・会社員)の浮気。

夫がいつも使用している自家用車で一緒に買い物に出かけたとき、車に備え付けている灰皿から口紅のついたタバコの吸い殻を発見。
車両に装備されているドライブレコーダーの映像から、浮気相手の画像とラブホテルに入る2人の映像を入手している。

有利な離婚をすすめたいので、浮気の証拠を押さえてほしい。

2020年11月受任案件

夫が勤務する職場から尾行。

事前にお客様からいただいた情報通り、浮気相手との接触場所から利用するラブホテルまで同じでした。

夫の不貞に対する他の証拠がお客様側で揃っていたため、浮気調査時間4時間で終了。

夫の浮気 | 札幌市在住32歳女性

夫(30歳・自営業)の浮気。

夫の会社で雇っている女子従業員(31歳・既婚)と浮気しているとのこと。
勤務中に夫が上記女子従業員と一緒に出掛けることが多く、夫の携帯電話から札幌市東区内のラブホテルに位置するGPS情報があった。

浮気の事実を確認し、もし夫が浮気をしているのであれば2人に対して慰謝料を請求したい。

2020年10月受任案件

対象者は浮気相手となる女子従業員を車に乗せ、ラブホテルにチェックインするところを確認。

ほか複数の不貞証拠を押さえました。

-相談・調査・解決事例