重要書類を持ち逃げした社員

札幌市内の企業様からのご依頼でした

平日の夜、とある企業を営んでいる会社社長様からLINE@でご相談を受けました。

その内容は「会社の重要書類を持ち出したまま、1週間無断欠勤している社員を探してほしい」というご相談でした。

紫苑にご相談いただく前にも、あらゆるところに相談をしたそうですが、すぐに着手してくれるところもなかったそうです。
社長様は「まずは、重要書類を持ち出している社員と話がしたい」という願いからご来社頂き、詳しくお話をお聞きすることになりました。

ご連絡いただいた翌日、社長様がご来社されて詳しくお話をすると、その書類は競合他社に漏れてしまうと大きな損失になってしまう恐れのあるもの。

1日でも早く社員を見つけ、重要書類だけは取り返したいというものでした。

事前情報も来社時に多くお持ちいただいていて、スムーズに話がまとまり、翌日から調査をはじめることになりました。

事前情報の多さで調査もスムーズに進みました

紫苑へ調査依頼をする前も、何度か社長様をはじめ社員の方も対象者のご自宅へ何度も行かれているそうですが、対象者はその対応には応じないとのことでした。

対象者も24時間ずっと家に居る訳ではないと踏み、紫苑が対象者の行動調査を決行。
ご依頼者様と連携を取りながら調査を進めていきました。

調査をはじめて数時間後、対象者がスーツ姿で自宅を出て行かれました。

ここでまずご依頼者様へ連絡し、そのまま対象者のあとをついていくことに。

向かう先は最寄りの地下鉄駅でした。

対象者の手にビジネスバックを持っている様子から、普通に見ると出勤中のサラリーマンにしか見えません。

地下鉄に乗り、向かった先は札幌市内中心部。

地下鉄を降り、徒歩5分で着いた先は・・・

依頼者様と同業のいわばライバル会社。

想定していた最悪な事態が現実になった瞬間です。

早急に調査報告書をまとめ依頼者様の顧問弁護士さんと連携

調査結果から、たとえライバル会社さんと言えど、そう簡単に話し合いはできません。
そうとは言え、事態が事態なので事前にお話を伺っていましたご依頼者様の顧問弁護士さんへ依頼者様と状況説明をし、調査報告書をお渡しして委任することになりました。

後日、依頼者様から案件解決の連絡を受け、紫苑の社員全員が喜びに溢れました。


このような案件は、地味に月数件とご相談を受けております。

とくに社員さんの調査の場合は、突発的なことも多く早期解決の為に、早めに調査着手しなければ難しくなることも多々ございます。

紫苑では、24時間調査依頼を受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいね。