札幌の探偵事務所【紫苑】はベテランの警察OBによる徹底調査を行っています

札幌・北海道・全国の探偵事務所のホームページを見ると「警察OB」が調査員として探偵業務を行っていたり、顧問になっていたりするキャッチフレーズを見ますよね。

では、探偵事務所に警察OBが在籍しているメリットはどのようなことなのか、そして、探偵事務所を選ぶときに警察OBが在籍しているところを探したらよいのかなどを解説していきます。

警察OBとはどんな人?

一言で警察官と言えど、その仕事の内容は多種多様ですよね。

交通事故の処理をする人もいれば刑事事件を捜査する警察官、警護をする警察官、警察署内で事務処理をする警察官など警察内部の部署は本当にたくさんあります。

警察OBとは、地方公務員・国家公務員である警察官を退職された方の総称です。

警察官を辞められる理由は人それぞれであり、一般市民と同じように定年退職・自主退職・懲戒処分による免職(一般的に言われる解雇)などさまざま。

警察官を辞められた方は、今まで警察官として働いてきたスキルを生かした仕事に就かれる方が多く、その中でも探偵業を次の就職先として選ばれる人も少なくはありません。

なぜ警察官を辞められた人は探偵を選ぶの?

探偵事務所のホームページを見ると警察OBがたくさんいるように見えますよね。

元警察官からすると、探偵を監督する官庁が公安員会(北海道の場合は北海道公安員会)ということもあり、警察官の職務内容と探偵業務が似ていることで、再就職先を探偵を選ばれることが多いのです。

では、警察OBがどのような探偵業務を行っているか解説していきます。

探偵会社の顧問となるケース

一般的に定年退職された警察官が探偵会社の顧問として働かれるケースは多く、年齢的にも尾行・張込・聞き込みの業務が体力的に難しい場合に多く見られるケースです。

探偵会社が警察OBを顧問として迎い入れるメリットとして、警察独自のネットワークを知ることができることそして、警察OBが顧問をしている探偵会社としてお客様から安心感を持ってもらえることが挙げられます。

しかし、探偵会社の顧問として元警察官を迎い入れる場合は「名義貸し」と言い、いわゆる名前だけを借りるケースもあります。

この場合、当然「顧問料」が発生するのはもちろんその顧問料の出どころは調査費用からとなりますので、「警察OBが顧問をしている安心感を調査費用で支払う」と考えてもよいかと思います。

探偵事務所として独立開業するケース

警察官を退職し探偵事務所を独立開業する方も少なくありません。

しかし、探偵事務所はそう簡単に開業できるものでもありませんし、警察官として学ぶことができない「経営」を一から勉強しなくてはいけないので、経営が軌道に乗るまでのハードルは非常に高いもの。

最近では警察OBの方が探偵事務所・興信所を独立開業される事例をあまり見受けられなくなりました。

後述する探偵会社への就職が難しい方すなわち懲戒処分による退職(解雇)された元警察官に多いのも特徴です。

探偵事務所に就職するケース

今まで警察官として培ったスキルを活かして探偵として再スタートする元警察官も多く、実際に弊社で雇用している警察OBスタッフも調査の基本となる尾行・張込・聞き込みの手腕は他の調査員の手本としてリーダー的存在として働いています。

また、一般職から探偵になった方から比べて主に刑法を熟知していますので、法的解釈や法律を考えながらの調査は本当に素晴らしいです。

紫苑で雇用している警察OBは調査・相談員です

現在、札幌にある探偵事務所の紫苑で雇用している警察OBのひとりを紹介しますと、年齢は50代で元警部。

2021年5月現在で弊社へ委任していただいているお客様は警察OBの調査・相談員にお会いしたことのある方もいらっしゃるのでは?

年齢的にも探偵業務能力においてもレベルの高い調査員であり、時には相談員として弊社で活躍しています。

証拠を押さえた案件も数えきれないくらいあり、弊社へ入社後すぐにその実力を発揮しています。

ちなみに弊社では、警察OBが在籍していれば顧問は必要がないという判断から、顧問をしている警察OBは現在のところ在籍していません。

元警察官だからできるクオリティー高い調査

探偵業務で最も必要とされている「調査力」。

警察という厳しい組織の中で尾行・張込・聞き込みを日々仕事として行ってきた経緯から、調査手法をたくさん持っている結果、「言い逃れのできない証拠」を確実に押さえています。

また、警察時代に培った人間観察力や行動予測も優れているため、対象者の行動パターンを察知しての尾行・張り込みはお手の物です。浮気調査の対象者を追跡する際にもこれらの勘と経験が生かされます。

警察時代には犯人を検挙することがその人の手柄でしたが、探偵業務では証拠を残すことに変わります。しかし、成果を出すという強いプロ意識はどちらも同じですので確実に結果を残してくれるでしょう。

元警察官だから高い評価される考え方

警察官として活躍されていた頃は、法に反する行為をした人を逮捕や検挙することがお仕事でしたので、法的倫理そして行ってはいけない調査について理解しています。

よって、違法な調査はもちろん倫理に反することなど、正当な立場で探偵業務を遂行しているのです。

警察OBがいる探偵事務所=シッカリとした探偵事務所と言って過言ではありません。

探偵に依頼するなら警察OBが在籍している探偵事務所へ

上記のとおり警察OBは尾行・張込みなどの対象者を調査に関して高い能力を持っているのと同時に法律の知識も豊富です。

優秀な人材が在籍している探偵事務所とそうでない探偵事務所の差は大きくあります。

知名度・調査費用・検索サイトの掲載順位・口コミなど多岐にわたって探偵事務所を選ぶ方法はある中、警察OBが在籍している探偵事務所という選択肢を入れても良いかと思いますよ。

-紫苑の探偵ブログ