監視・証拠収集をする女性調査員

調停や訴訟で必要な証拠を集めます!

裁判所の画像普段生活していても、急に訪れるトラブル。
そのトラブルが大きくなり、事実を立証するために「証拠」を揃えなければいけなくなる時もありますよね。
紫苑では、案件を精査し中立な立場で真実を証拠として収集します!
取得した証拠を第3者が立証することによって、証拠の有効性は非常に高くなりますよ。
これから調停や訴訟をお考えの方、または現在進行中で急に証拠による立証が必要になった時、弁護士に必要と言われた証拠が欲しいという方も、お気軽に紫苑までご相談くださいね。

調査事例

配偶者の浮気
セクハラ・モラハラ被害の事実
近隣住人によるDV(言葉の暴力)
配偶者による実子に対するDV
交通事故による保険金の不正受給に関する証拠取得

上記調査事例は、紫苑で調査依頼を受け解決した事例の一部です。
刑事・民事を問わず、当該案件に必要な証拠を収集いたします。
さまざまな案件に柔軟に対応しておりますので、「これは調べられないのかな?」ということでもお気軽にお問い合わせくださいね。

あなたの大事なものを監視します!

監視カメラ普段お仕事に行かれている時や深夜お休みになられている時など、目を離した隙にトラブルが起こることもありますよね。
身近なことで言えば、車のいたずらや盗難、家の敷地に雪が置かれるなど、24時間監視しようにも個人では限界がありますし、行政に通報をしても被害が大きくない限りなかなか動いてくれないことも。
このような時には紫苑にお任せください!
有人での調査はもちろん、状況に応じて高性能暗視カメラによる長時間録画で証拠収集なども行っております。
また、監視による証拠収集からその案件に応じた防止策から解決策までフルサポートしておりますので、安心してお任せください!

調査事例

配偶者によるこどもの連れ去り(お子さんの監視)
自宅敷地内の近隣住人による不法侵入
車両のイタズラ
結婚相手の浮気
従業員の就業監視

ほか、あらゆる案件に柔軟に対応しております!

確実に勝つための調査

ガベル当事者同士の合意を求めていく民事調停では、主張を裏付ける確実な証拠が無い場合、不利になることもあります。
また、民事裁判も同様に確実な証拠がなければ立証はできません。
これら証拠は、当事者側が証拠収集をしなければいけなく、調査知識のない個人では確固なる証拠を集めて立証することは非常に難しいものです。

よくありがちなのは、勝てる案件なのに証拠が立証できず負けてしまうケース。
本来であれば、民事調停や民事訴訟を起こす前に争われる案件の証拠とそれを裏付ける証拠を事前に揃えておくことが一番。
しかし、すでに申立てや提訴されている方もいらっしゃるでしょう。
紫苑では、状況に合わせてお客様とご相談のうえ調査を進めておりますので、安心してお任せください。