従業員が外出したっきり帰ってこない
そういうことありませんか?

普段は何気なく仕事している従業員も、「あれ?帰ってこない」なんてこともあり得る話。
今回は、以前依頼を受けたとある企業様のお話です。

お休みは土日祝祭日の一般企業様で、今回対象となった従業員は外勤はほとんどない一般事務職。

しかし、ここ数カ月の間、お昼過ぎから3時間~4時間程外出することが週に2~3回あり、外出する際はいつも「〇〇がなくなったので買いに行ってきます!」と出かけていたそうです。

でも、買い物で2~3時間は長すぎますよね?

会社側としては、重要なポストで勤務していた従業員だったため、強く言うこともできず「仕方がない」と諦めていたそうですが、あまりにもエスカレートしてきているので、紫苑に調査依頼の問い合わせが来ました。

まずは行動調査、早くも結果が見えました

週に2~3回と結構な頻度で外出されていた対象者。
まずはご依頼者様と事前に、使用する車などの情報を頂き、対象者が動きそうな気配を感じたらすぐに取り掛かれるよう打ち合わせさせて頂きました。

そして、ご依頼者様から入電。
「ソワソワしているので、今日出るかもしれない」と連絡があり、すぐに調査に向かいました。

ご依頼者様:「今、外出しました。」
紫苑:「対象者確認できています」

このまま対象者の後ろにつき、行動を見ることに。

車で走ること約5分、大型駐車場に車は止まりました。

そこから対象者は車を降り、向かった先は・・・

パチンコのドル箱

パチンコ屋さんでした。

調査中は、ご依頼者様と連絡を取り合い、状況報告をさせて頂き、入店・退店時の記録と会社に戻るまでの記録をシッカリ取らせて頂きました。

従業員の処分が決まる

調査した翌日、ご依頼者様に調査報告書をお渡ししながら状況の報告をさせて頂きました。

ご依頼者様は非常に残念がっておりましたが、これも現実です。

後日、ご依頼者様から連絡があり、対象者であった従業員とキチンとお話しされたそうです。
今回このような事になり、会社側では減俸処分を伝えたのですが、最終的に自主退社となったそうです。

確かに、必要な人材として見込まれていた従業員でしたが、我慢できなかったギャンブル癖で社会的信用を落としてしまいました。

ご依頼者様も最初はショックだったそうですが、今となっては、エスカレートして業務上横領などの事件にならなかっただけ良かったと、胸をなでおろしていました。

今は、新しい人材に恵まれ新たな社風となり、以前よりも業績が伸びているそうですよ。