社員・従業員の行動・素行調査 | 勤務態度の調査は札幌の紫苑

【札幌・北海道内】社員・従業員の行動や素行から勤務態度を調査します

会社をサボるサラリーマン年々増加している社員・従業員の就業問題。中でも、外勤されている社員・従業員の「サボリ」は社会問題にもなっていますが、ほとんどの企業ではその実態を調査せず、黙認しているのが現状です。
「営業成績が上がらない」「不透明な日報を提出している」という問題は、まず社員・従業員の業務内外の行動・素行を調査する価値は非常に高いもの。紫苑へ社員・従業員の行動・素行調査を依頼された企業様は100%の確率で(2021年2月現在)、勤務態度に問題のある内容でした。(例:車内にて長時間の睡眠・社用車の無断私用・就業時間内にラブホテルへの入室など)
社員・従業員の仕事に対する取組みや姿勢・人間性は、会社に対する業績はもちろん、信用にも大きく関わっています。

公私ともに素行の悪い社員・従業員の雇用を続けることによって、会社にとって良いことは無く、場合によっては倒産に追い込まれる可能性もあります。
現在、社員・従業員に問題を抱えている企業様は、速やかな対応をオススメします。

新規採用の社員・従業員の素行や経歴も調査可能です!

社員・従業員の就業調査

企業様が目の届かない会社外で、社員・従業員がシッカリと仕事をしているかどうかはなかなかわからないものです。近年、ドライブレコーダーの普及によって社用車に導入されている企業様も多いと思いますが、ほとんどの機種はデータ容量が少なく上書きされるものばかり。また、悪意のある社員・従業員はドライブレコーダーの電源を切ったり、SDカードを抜いて録画されないように操作する方もいます。
ドライブレコーダーは「保険」と割り切り、実際に社員・従業員が社外でどのような行動をしているのかを細かく調査を進めることで、「本当の事実」を手に入れることができます。

具体的な就業中の調査方法

居眠りをする社員対象となる社員・従業員が出勤し、社外に出るところから調査を開始します。対象者が社外で行動している間は、対象者が立ち寄るポイントごとに調査員が撮影をし、その様子を克明に記録。対象者が退勤するまでの間、調査員は対象者から目を離しません。
もちろん、調査中と調査終了時にはご依頼者様へ調査結果についてご報告差し上げております。(基本的に、調査終了時に報告書をお渡ししております)

社外での行動・素行調査

社員・従業員が退勤後、素行・行動を調査することにより対象者と接触する人物や行動全般を確認することができます。とくに、会社の機密情報を持っている社員が同業他社の従業員と接触する疑いがある場合には有効な調査になります。
また、社内の風紀を乱す社内恋愛の確認や社用車を過度に私用で運転しているかなど、広い範囲で調査が可能です。

ワンポイントアドバイス

社外での営業職を持つ企業様であったり運送業を営んでいる企業様は、なかなか社員・従業員の行動がわからないもの。普段では見えない社員・従業員の行動や素行を確かめることによって、昇進などの人事に関する判断材料になり、「優秀な人材」なのか「問題のある人材」を把握することができますよ。
また、リストラを考えている社員・従業員に対しても、その行動や素行によっては有効な証拠になります。

社員・従業員ひとりひとりの素性を把握することにより、売上の拡大と会社経営の健全化を図ることができます!

調査結果のご報告

社員・従業員の行動・素行調査が終了いたしましたら、調査結果を報告書としてお渡ししております。調査結果をどのようにお使いになるのかは企業様次第ですが、とくに昇進問題であったりリストラ問題の場合で話がこじれた場合、企業様の顧問弁護士に依頼する場合もあると思います。そのような時にでも対応できるよう、裁判所に提出できる調査報告書をお渡ししておりますのでご安心ください。

調査報告書のお渡しは調査終了から14日以内で行っておりますが、人事会議などすでに予定がありお急ぎの企業様は、あらかじめご連絡いただければ早急に対応致します。

社員・従業員の「サボリ」をなくするために

顧問契約の握手「不正を無くすために対策する」よく聞く言葉ですが、「サボリ」を無くす対策として当て嵌めてみると、社員・従業員によっては「会社の押し付け」「嫌ななイメージ」と感じてしまい、社内の雰囲気を壊してしまう恐れもあります。では、社員・従業員が会社からの縛りが無く働くことに集中ができ、会社に貢献できる環境を考えますと、思い切った対策は難しいと思いますし、社内改革をする勇気が必要です。
私たち紫苑ができることは、優秀な人材はそのままに、会社の環境を変えることなく「サボリ」や「不正」を排除することです。

よく企業様からのご相談の時にお話をするのですが、私たち紫苑は「企業の御庭番」だと思ってくださいと伝えています。御庭番とは、徳川吉宗が設けた幕府の役職であり、ドラマの「暴れん坊将軍」で言えば、徳川吉宗側近の男女2人組の忍者。徳川吉宗の直命により悪事の証拠を掴むための諜報活動を行っていた方のことをいいます。
すなわち、徳川吉宗が企業様であれば私たちは御庭番となり、会社内で起きた悪事の証拠を掴むお仕事をいただいております。

企業様におかれましては、社員・従業員の「サボリ」や「不正」の頻度に大きな差があり、調査依頼が1回という企業様もあれば複数回という企業様もあります。私たち紫苑がご提案するのは、会社の保険と思っていただき顧問契約を結ばせていただいています。
顧問契約を結ぶことによって大きなメリットは、いつでもすぐに調査に着手できること。顧問契約=労働形態がすでに私たちが知っていることになりますので、調査着手までの時間と労力は非常に少なく済みますし、社内環境整備のコンサルタントとして企業様と一緒に考えていくこともできます。

調査依頼の時に是非ご検討いただければ幸いです。

-調査サービス

© 2021 北海道・札幌で浮気調査に強い探偵事務所の紫苑