あらゆる暴力への取り組み

女性が男性にドメスティックバイオレンスを受けている風景近年、配偶者等からの暴力で悩まれる方が非常に多くなってきており、最近では、お子さんにまで暴力を振るって事件になるケースも増えてきました。

DV(ドメスティックバイオレンス)は、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律という法で定められており、一般的に「DV防止法」と呼ばれ、被害によっては立派な犯罪行為となります。

また最近では、夫婦関係だけではなく、同居関係にある内縁関係であったり、同居の有無を問わず元夫婦、恋人などの近親者間で起こる暴力全般を指す場合もあります。

紫苑では、DVで悩まれている方へご相談から対策までアドバイスを踏まえながら、必要に応じて調査・証拠収集をさせて頂いております。

ドメスティックバイオレンスの種類

一般的に、「暴力」と聞くと殴る・蹴るといった身体的暴力を想像される方が多いですが、ドメスティックバイオレンスでの暴力は身体的暴力のほかに、心理的攻撃、経済的圧迫、性的強要と多岐に渡って「暴力」と表しています。

身体的暴行

一般的に、殴る・蹴るといった暴力行為のことです。
また、物を投げつけたり、物を持って相手を傷つける行為もDVとして認められます。

代表的な例

  • 殴る・蹴る
  • 身体を傷つける可能性のある物などで殴る
  • 物を人に投げつける
  • 髪の毛を引っ張る
  • 突き飛ばす
  • 熱湯を皮膚にかける

心理的攻撃

恐怖感じるような脅迫であったり、身の危険や生命の危機を感じるような暴言はDVとして認められます。

代表的な例

  • 大声で怒鳴る、ののしる、物を壊す
  • 他の異性との会話やメールで話すことを許さない
  • 何を言っても長時間無視を続ける
  • ドアを蹴ったり、壁に物を投げつけて脅す
  • 人格を否定するような暴言を吐く
  • 暴力行為の責任を相手に押し付ける
  • 子供に危害を与えると言い脅す
  • SNSなどインターネットを使って誹謗中傷をする
  • 電話やメールを細かく監視する
  • 服装や行動を細かくチェックし、指示をする
  • 家族・友人などの関係を制限する

経済的圧迫

金銭に関わる圧力や強要もDVとみなされます。
例え、「たまに」とごまかしても、複数回の証拠と被害者の証言によってDVと断定される場合があります。

代表的な例

  • 必要な生活費を渡さない
  • デート費用などを毎回パートナーに払わせる
  • お金を借りたまま返済しない
  • パートナーに無理矢理買い物をさせる

性的強要

性的な行為の強要や異常な性癖、中絶についてもDVとして認められます。

代表的な例

  • 嫌がっているのに性的な行為を強要する
  • 見たくないのにAVや性的雑誌を見せる
  • 避妊を求めているのに協力しない
  • 中絶を強要する

これってDVかも?と思ったら
すぐご相談ください!

ドメスティックバイオレンスを受けて一人悩んでいる風景今、警察や役所で「DV相談窓口」といったDVの相談ができるところが増えてきましたが、余程ひどくない限りはなかなか動いてくれることが無いようです。

保護命令として、接近禁止命令(法10条1項1号)・退去命令(法10条1項2号)・子に対する接近の禁止命令(法10条2項)といった法律がありますが、実際に裁判所にて手続きをするにしても時間もかかりますし、はじめて裁判所提出書類をされる方であれば大変な作業になります。

紫苑では、DVの状況を精査したうえで、最短で解決できる方法をご相談させて頂いております。

具体的な対応とサポート

紫苑の具体的な対応紫苑では、顧問弁護士・秘密保護契約を結んでいる不動産会社と協力し安全な場所を確保しますので移動していただきます。
この際、必要に応じて紫苑の相談員がメンタルサポート、ボディーガードをいたしますので安心して休んでいただけます。

同時に、紫苑の調査員がパートナーを監視、犯罪の恐れがある場合には警察へ通報します。

案件が落ち着きましたら、安全な場所へのお引越しや今後についてアドバイスさせて頂きますし、必要に応じてお手伝いさせて頂くこともできます。

もし、パートナーからのDVやモラハラを受けていて、「逃げたい」「解放されたい」と思っていましたら、お気軽に紫苑までご連絡下さい。

DV立証調査の料金や費用などのご相談やお問い合わせは365日24時間受付中。無料通話0800-800-3210まで。