探偵が調査で使うカメラは命同様です

証拠を押さえる第一の道具それはカメラ

証拠を押さえる第一の道具それはカメラ

探偵が証拠を押さえる手段として多くの調査で用いられているの機材といえばカメラ

探偵事務所であれば、絶対に必要となる機材のひとつです。ひと言でカメラと言っても、家電量販店に行けばインスタントカメラのようなものから一眼レフまで幅広く売られていますよね。

大きいもので言えば、TVロケ等で使用する業務用大型ビデオカメラからサイコロ程度の超小型ビデオカメラとカメラといえど、いろいろな機種が販売されています。

さて、探偵はどんなカメラを使って数多くの証拠を掴んでいるのか非常に興味がある方も多いのではないのでしょうか。

今回は、実際に証拠を押さえるために探偵が使用するカメラについて書いていきます

カメラのスペアはいつも持ち歩いています

カメラのスペアはいつも持ち歩いています

調査の時に常に持ち歩いている「カメラ」。毎日始業時に設定のチェックから始まり、機材の損傷がないか記録メディアの容量など常に確認しています。

どんな調査でもそうですが、証拠を押さえるタイミングは本当に一瞬。

その一瞬を撮り逃してしまうと「次のチャンス」というものは一切望まれません。

大切な場面で証拠を撮り逃さないために、紫苑の調査員は常にカメラのスペアを持ち歩きながら行動しています!

実は今から数年前、まだ私が他の探偵事務所で修行をしていた頃、とある浮気調査をしていた時に対象者の証拠を撮ろうとしたその瞬間、カメラの電源が入らないというあってはならない事態があったのです。

その瞬間、もう頭の中は真っ白・・・その時シッカリとバックの中に潜ませていたスペアのカメラが大活躍!

キチンと浮気の証拠は私のカメラに収めることができ、この瞬間の映像がのちに多額の慰謝料請求結果に大きく貢献したことは言うまでもありません。

非常時でも対応できるよう、そのシチュエーションに合わせたカメラの選択と「もしも」の時のために、スペアのカメラは必ず携帯しております。

一瞬のチャンス。経験を生かして最適なカメラを選択しています

一瞬のチャンス。経験を生かして最適なカメラを選択しています

紫苑で証拠を押さえるために使用しているカメラは、一眼レフカメラから超小型マイクロカメラまで取り揃え、その調査場面に応じて多種多様に使い分けています。

しかし、カメラであればどれでもよい訳ではありません。超小型マイクロカメラであれば、レンズが非常に小さく露出感度が低く、夜間の撮影に向いていないのですが、持ち歩くには目立つことなくバレにくいというメリットがあります。

また、ハンディー型ビデオカメラも大型になれば被写体をキレイに撮影できる半面、尾行の際はカメラを隠し持つことが困難になります。

これらカメラで撮影された証拠は、一度パソコンで処理をして調査報告書に転載するのですが、この際に画質が悪いとボケてしまったりと対象者の特定が困難になってしまいます。

このような画像は、せっかくの写真も立証できないただの画像にすぎません。

紫苑では、撮影する場面から調査報告書に掲載するときのイメージを常に想像しながら、誰が見てもその様子がわかる徹底的な証拠映像を押さえます!

そのためには、その場で最適なカメラの選択と撮影技術が重要となります。

これは、実際に調査から調査報告書を作成したことのない素人ができるものではありません。

紫苑では、日ごろから使用するカメラ1台1台をテストしながら設定やアングルなど細部にわたって研究し、いざ撮影の時にはその研究が生かされるよう日々勉強しております。

また、現在使用しているカメラすべて故障もなく状態も完璧ですが、万が一のことも考え、カメラの使用頻度によっては、定期的に製造メーカーに送りメンテナンスを行っています。

多彩な機能を使いこなして鮮明な画像を提供しています

多彩な機能を使いこなして鮮明な画像を提供しています

カメラの機能は年々高精度になっており、近年では「ナイトモード」という夜間でも対象者の顔や車両のナンバーなど街灯のない路地でも鮮明に撮影できる機能もあります。

ですが、機能に頼りすぎてもその場面によってはマイナスになることもあり、時には機能が邪魔をして画質を落とす原因にもなってしまいます。

そもそも、カメラの機能というよりもカメラの構造を理解しなければいけません。

詳しいカメラの構造については割愛させていただきますが、レンズ構造であったり撮影画質設定・露出設定など多岐にわたって「これをこうしたらこうなる」という基本的なことを理解していなければ、とっさの場面でもいくらでも対応できます。

正直申し上げますと、カメラの機能や構造を理解できない方はiPhone12proノーマル設定の写真のほうがキレイに撮影できます。

しかし、いくらキレイに撮影できるとしても、距離や明るさにもよりますが撮影したものをパソコンで処理した場合、画質設定によってはドットが大きく出てしまい、調査報告書に使用できない場合があります。

このようなことから、機種の選択・カメラの機能を熟知した探偵調査員が撮影した証拠画像が司法の場でも一番好まれるのです。

【結論】裁判所に提出できる証拠として鮮明な画像を要求されます

【結論】裁判所に提出できる証拠として鮮明な画像を要求されます

今回は探偵が使用するカメラについて書きましたが、最終的には司法の場に提出できる鮮明な画像でなければいけません。

そのためには、さまざまな機種とその機能を熟知し、撮影ポイントにあった機材を選定しアングルを考えていかなければいけないのです。

「探偵の仕事ってただ証拠を撮ればいいんでしょ?」といわれる方が多いですが、ただ撮影するだけであれば誰でもできると思います。

しかし、撮影するにしても先々のことを考え、裁判所に提出できる証拠写真をと考えると、経験を積んだ探偵でなければできません。

自分で調査をされる方や、これから探偵になりたいと志望されている方は是非参考にしてくださいね。

-紫苑の探偵ブログ