千歳市在住20代女性様からのご依頼でした

千歳市在住20代女性様からのご依頼でした

ご依頼者はJR通勤で、毎日札幌まで通っている普通のOLさん。

自宅はご両親とお住まいで、ストーカーに気が付いてからは家族の方が駅まで迎えに行っていたそうです。

しかし、親御さんはまだ現役で働いており、迎えに行けない日が続いてしまってどうすることもできなくなってご相談にいらっしゃいました。

ご依頼者様曰く、ストーカーされることに身に覚えがなく、異性交遊もほぼ無いに等しいとのこと。

ですが、夜歩いていると人影が見えたりと明らかにストーキングされているとのことでした。

ボディーガードを兼ねて調査開始!

ご来社頂いたその日に調査依頼を受け、翌日から数日にわたって退勤の時間に合わせて調査を開始。

当日は何もなかったのですが、その翌日、JR千歳駅を出て数分後に対象者は現れました。

ご依頼者様には予め、ご自宅まで調査員と電話で繋がっており、調査員がルートを指示。

「そこ右に曲がってください」
「その先にコンビニがあるので一度入ってください」

そんなやり取りが続き、明らかにご依頼者をストーキングしている様子。

「とりあえずフリスクでも買ってコンビニを出てください」
「そして、50歩くらい歩いたらたらコンビニに戻ってきてください」

このやり取りで、対象者の行動を見れば一発でわかります。

そして、ご依頼者が不意に戻ろうとしたその時、対象者は振り返るとそこには調査員がいました。

調査員とご依頼者、対象者がご対面。その対象者は

調査員とご依頼者、対象者がご対面。その対象者は

よく見ると、対象者はどう見ても50代、ご依頼者との年齢差がありすぎます。

ご依頼者に「お知り合い?」と聞くと・・・

「前に勤めていた会社の上司です」

調査員が「あなたどこに住んでいるの?」と聞くと、札幌に住んでいるそうです。

調査員としては、札幌から同じJRで来ていて見抜けなかったのでは?と思い、「JRに乗ってきたの?」と聞くと、車で千歳まで来ていたそうです。

その理由は、外が寒いから

一瞬、全員が開いた口がふさがらなかったのは言うまでもありません。

ストーカーをした理由は単純なものでした

ご依頼者様が以前働いていたと言っても、既に1年前以上の事。

何で今更?と思いましたが、動機は「ご依頼者様がタイプでした」と。

だったら直接言えばいいのにと思いましたが、それは叶わない恋。

対象者も結婚しており、単なる言い訳にしかなりません。

まずは、その場で念書を取り、その後の対応については後日連絡することにしました。

一件落着してその後

調査報告書が出来上がり、お渡しした時にはご依頼者のご両親もホッとした様子でもありましたが、対象者に対してはご立腹状態。

後日、お話を伺った時には、調査報告書をお持ちになって警察署で手続きを取られたそうです。

という事は、対象者は・・・出頭したと思います。

 

好意でストーカー行為をしたとしても、されたほうは恐怖心が募りただ単に事件になるだけの事です。

今、ニュースでも度々ストーカー被害の話題が出ていますが、1件でもこのような事が無くなることを願っています。