浮気や不倫は時効があります

あまり知られていない浮気・不倫の時効

浮気・不倫っていつまでバレなければ罪にならないの?」とご質問を受けることがあります。浮気・不倫そのものは犯罪ではありませんので、刑事事件のように、○○罪で罰金いくらですとか、時効〇年ですとか定められているものではありません。

では、浮気・不倫には時効がないのか?というと、浮気は刑法ではなく民法の範囲になり、民法にある「不法行為の損害賠償請求権」という法律で時効の期間が定められています。
よって、正確には、浮気・不倫(不貞行為)に対する慰謝料請求に時効が定められていることになります。

民法第724条 不法行為による損害賠償請求権の期間の制限

チョット難しい表題になりましたが、この民法第724条が浮気・不倫つまり、不貞行為に対しての損害賠償請求ができる期間を表しています。

民法第724条 不法行為による損害賠償請求権の期間の制限

不法行為による損害賠償請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。

要約しますと、浮気や不倫の被害者やその法定代理人が「損害及び加害者を知った時」から3年で消滅時効になります。

この、「損害及び加害者を知った時」とは、被害者において、加害者に対する賠償請求が事実上可能な状況の下に、その可能な程度にこれらを知った時を意味すると過去の最高裁の判例であります。(最判昭48.11.16)また、被害者が損害を知った時とは、被害者が損害の発生を現実に認識した時をいうと過去の最高裁の判例であります。(最判平14.1.29)
最後にある、「不法行為の時から20年を経過したとき」とは、除斥期間を定めたものであると過去の最高裁の判例であります。(最判平元.12.21)

浮気・不倫は不法行為なの?

浮気は不法行為なの?そもそも、浮気・不倫(不貞行為)は、民法上で「不法行為」に該当します。よって、被害者は損害賠償請求ができます。
簡単にいうと、浮気・不倫(不貞行為)の損害賠償が「慰謝料」になるのです。このように、浮気・不倫は刑法ではありませんので、警察が介入することはありません。

あくまでも浮気・不倫(不貞行為)は民法になりますので、慰謝料請求するために浮気や不倫の証拠を掴むのは探偵事務所になるのです。その証拠を基に法律で戦うのは弁護士、加害者と被害者の間に入ってその慰謝料請求は正当なものなのか判断するのが裁判所という事になります。
なお、探偵事務所・興信所は浮気・不倫(不貞行為)に関する加害者との交渉は一切できません。(非弁行為になります)

浮気・不倫と民法を照らし合わせるとどうなる?

一般的には、慰謝料請求権が消滅した日を浮気・不倫(不貞行為)の時効と言われていますが、あくまでも時効と言っても「(権利の)消滅時効」です。
少し整理しますと

  1. パートナーの浮気・不倫を知り、浮気・不倫相手もハッキリとし訴える準備ができた時点から3年間
  2. もしくは、パートナーに浮気の事実があってから20年経過した場合は慰謝料請求ができなくなります。

この時効までの期間を長いか短いかどのように捉えるかは人それぞれですが、探偵事務所に浮気調査・浮気調査の依頼をされている方であれば、3年という期間は短く感じるかもしれません。

ですが、パートナーが最後に浮気や不倫をした日から時効の起算日になりますので、浮気・不倫が継続されていてその事実が確認できているのであれば、その日からが時効までの起算日として取り扱われることが考えられます。

過去に浮気・不倫の証拠を取ってそのままの方でも、「怪しい」と感じましたら再調査をしてみるのもよいかもしれません。

浮気や不倫の証拠を無駄にしないために

このように浮気や不倫の証拠には時効があります。だからと言って浮気調査・不倫調査を先延ばしにしてしまって浮気や不倫の証拠を押さえれず、パートナーから「離婚」を告げられてしまってはどうすることもできません。また、浮気や不倫の事実を知って復縁(再構築)を自身で望むばかりに、浮気・不倫の証拠を出し惜しんでいる方もおられるでしょう。

浮気・不倫の証拠はいつでも押さえれるものではありませんし、過去に浮気・不倫の証拠を押さえた方も現在、パートナーの浮気・不倫相手が引越しなどされてしまっていた場合、パートナーに言い逃れてしまう恐れがありますので、浮気・不倫の再調査が必要になることもあります。

パートナーが浮気や不倫をしていると感じたとき、すでにパートナーは浮気や不倫の事実を隠そうとしますし、今後、夫婦関係や浮気・不倫相手との将来を考えているでしょう。つまり、あなたが悩んでいる間に時間もパートナーの考えも先に進んでいるのです。
浮気や不倫の事実は、あなたが悩んでいるのであればすぐに証拠を押さえることを考え、その間に復縁(再構築)と離婚の両方の道を考えるとよいでしょう。なぜなら、自分がそうしたいと思っていても、パートナーの心はすでに浮気・不倫相手に向いているかもしれないのです。

浮気・不倫の事実を知った時、「鉄は熱いうちに打て」ではないですが、早期解決に進まれることをおすすめします。

-紫苑の探偵ブログ