早く調査してほしくて悩む男性

「今すぐ」「近日中に」調査してほしいと思う時があります

ご相談時によく聞かれるのが「すぐ調査って入ってもらえるのですか?」という質問。

ご依頼される側になれば、早く証拠を欲しくなるのは重々承知しています。

とくに、浮気調査などの張込み・素行調査の場合は、その時のタイミングがありますからご依頼者様も非常に焦ることでしょう。

このような事にならない為にも、あらかじめ探偵事務所にご相談されることをお勧めしているのですが、さまざまな理由であと延ばしにされる方が多く、結果急がなければいけない状況になってしまう方が多く見受けられます。

今回は「もしも」の時や「早急に調査してほしい」そのような時のために、大事なことを書いていきます。

ご依頼者様の証拠集めが重要です

調査を依頼されるとき、紫苑の場合は皆さんご自身で集められた証拠をご持参される方が多く非常に助かっているのですが、時にはそうでない場合もあります。

依頼時に多くのご自身で集められた証拠をお持ちいただくことは非常に助かることになるのですが、必ずしもそうでなければいけないことではありませんのでご安心ください。

ただ、事前にそろえれる証拠が多ければ多いほど証拠を掴むまでの時間が短くなり、その結果、調査費用を圧縮できる要素にもなってくるのです。

日々、対象者の傍にいるのはご依頼者様になりますので、ご依頼者様が本当に細かい情報だなと思っていることも、大きな手掛かりになることも多々あります。

小さな事でも正確に探偵事務所に伝えることが非常に重要です。

早急に調査してほしい時のポイント

探偵事務所が調査をはじめるときに、ほとんどの調査会社で行っているのが事前調査。

この事前調査の時間を少なくすることによって、スムーズに本調査へ進めます。

では、どのようにして事前調査の時間を減らせばいいのかと言いますと、いくつかポイントがあります。

  • 対象者の行動パターン
  • 相手がいる場合はその素性
  • 職場やいつも行きそうな場所の特定
  • 他,細かな情報

など、ご依頼者様が知り得ている情報を正確に伝えることが大事

そうすることによって、事前調査の時間を大幅に減らし、調査員もスムーズに本調査に入れるのです。

また,ご相談時により多くのご自身で掴んでいる証拠をご来社時にお持ちいただくことをお勧めします

早期解決の事例

ご依頼者様の掴んでいる証拠やご協力により、2020年に入ってから紫苑がご依頼を受けた案件の中で、ご依頼日から10日間で不貞の証拠を複数掴み、調査終了している案件があります。

その証拠とは、不貞相手とのメール履歴・大体の不貞相手が住んでいる自宅・対象者の1日の行動とルーティーン、不貞されていそうなおおよその時間など、数多くの証拠があります。
ご依頼者様が調査依頼契約を結んだその日に事前調査そして翌日本調査に入り、不貞の証拠を複数取っているものもありますよ。

対象者の行動にもよりますが、頻繁に不貞を繰り返している案件に関して、早期の段階で証拠を固めることも可能です。

まとめ

探偵事務所に調査を依頼した後「早く証拠を掴みたい」と願うご依頼者様はほとんどだと思いますが、ご依頼時の証拠の多さによって調査時間の短縮と内容の濃い証拠を得ることが可能です。

もちろん、中にはなかなか自分で証拠を掴めず、でも調査してもらいたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

そのような時には、シッカリと相談員と話し合い、適正な見積と調査プランを立てていただくことが重要です。

紫苑では、いかなる案件でもご依頼者様が安心して任せていただけるよう、内容の濃い打ち合わせをさせていただき、満足のいく調査をさせて頂いております。

ご相談は無料で受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいね。