証拠が少なくて困っている人

配偶者(夫・妻)が携帯電話を肌身離さず持ち歩くようになったり、急に外出が増え、身だしなみに気を使ったりすると、真っ先に疑うのが「浮気」。
数多くのご依頼者様のお話をお聞きしてきましたが、浮気に気が付くキッカケの大きな特徴であり、ほとんどの場合、浮気されていることが多いです

配偶者(夫・妻)が本当に浮気をしているのか確認をするためには、浮気している事実を証明できる証拠が必要になります。
なぜなら、証拠が無いのに相手へ問い詰めてもただ疑うだけで相手に言い逃れされるだけですからね。

今回は、浮気をされた時に立証するための証拠とその質についてお答えしていきます。

浮気の証拠能力があるものとないもの

普段生活をしている中で、たまたま見つけてしまったレシートであったりメールの履歴があったとしましょう。
そのレシートが「ラブホテルのレシート」であったり、「今度ラブホテルに行こう!」というような内容のメールを写真に収めていたとしても、これら単体では証拠不十分なのです。
なぜなら、「飲み会の時に同僚がポケットにレシート入れてきてさ・・・」や「ふざけてそんな会話してたんだよね。ゴメンネ」と言われてしまったどうでしょう。
誤魔化されてしまっただけで、家庭の雰囲気を壊すだけですよね。

じゃぁ「ラブホテルのレシート」や「メール履歴の写真」は証拠にならないのか?と言われれば、答えはNO。
決定的な浮気の証拠があれば、レシートや写真も証拠としてみなされるのです。

では「決定的な浮気の証拠」とはどのようなものなのか。
それは、ホテルに出入りする写真や目撃情報であったり、性交渉の写真や動画を収めた報告書になります。
この報告書は、ほとんど探偵が作成しているものであり、裁判所に提出できるフォーマットで作成されたもの。一般の方には非常に難しいものになっています。

「これは浮気の証拠になるのかな?」と考えている方も多いと思いますので、浮気をされてしまった時、自分が有利に慰謝料請求する為の証拠品の証拠能力をまとめてみました。

浮気の証拠能力が高いもの

  • ラブホテルやビジネスホテルなどに出入りしている動画や写真
  • 性行為またはそれに近い行為の動画や写真
  • 浮気の事実を認めた会話が録音してあるデータ
  • 性行為またはそれに近い行為があった電話の会話内容が入ったデータと通信記録
  • 探偵・調査会社が作成した浮気の事実が記載された調査報告書

浮気の証拠能力が低いもの(単体では証拠にならないもの)

  • ラブホテルやビジネスホテルに止まっている自家用車の写真
  • ラブホテルやビジネスホテルの領収書やクレジットカード履歴
  • 肉体関係が確認できないメールやSNSの履歴
  • 肉体関係が確認できない通話履歴やボイスデータ
  • カーナビなどの行動履歴
  • 異性へプレゼントを購入したと思われるクレジットカード履歴やレシート
  • 2人で飲食されたことがわかるレシート

浮気の証拠能力がまったく無いもの

  • 衣服に着いた香水の匂い
  • 衣服に着いた化粧品のあと
  • 普段日常的な会話
  • 聞いただけで録音していないもの
  • 見ただけで撮影していないもの

これはほんの一部ですが、まだまだ他にもたくさんあります!
「これは?」というものがありましたら、お気軽に探偵事務所までお問い合わせくださいね。

証拠能力が低い証拠ばかりでも諦めたらダメ!

誰でも浮気されれば慰謝料を高く請求したいもの。
だからと言って、証拠能力が低いものをたくさん並べて不貞行為の事実を認めさせても、その証拠能力の低さから、キチンと言い逃れのできない証拠を押さえていないばかりに慰謝料請求額も低くなってしまう恐れがあります
もちろん請求する金額を高く書面に書き、浮気相手へ請求することはできるでしょう。
しかし、証拠能力が低い証拠を並べても、「その程度だから」と慰謝料を減額されることはよくある話。

大幅減額を承知で証拠能力の低い証拠で戦うのであればよいのですが、本当に高い慰謝料を求めるのであれば、言い逃れのできない証拠を掴むことが大事です。
そして、日々蓄積された細かい証拠が沢山あれば、もし、不貞行為の事実で提訴することになっても勝訴裁判になることは間違いないでしょう。
過去に紫苑に依頼されたお客様で、証拠能力の低い証拠はあっても立証に難しいものしかなく調査依頼に至ったのですが、弊社が掴んだ言い逃れの無い証拠をもとに、22歳大学卒業したばかりの女性から慰謝料350万円で示談ケースもあります。
恐らく、証拠能力の低い証拠を集め慰謝料請求しても、年齢や社会的地位などで減額交渉されてたでしょう。

このように、浮気の事実を立証し高額な慰謝料請求するのであれば、確実に証拠を掴む探偵と不貞に関する慰謝料請求に強い弁護士のタッグが必要になるのです

紫苑では不貞に関する慰謝料請求に強い弁護士を紹介しています

浮気調査をしてもらって証拠を掴んだのはいいけど、このあとどうすればいいの?」とお悩みになる方もいらっしゃるでしょう。
紫苑では、浮気問題の慰謝料請求に強く離婚に発展してもご依頼者様と一緒に考えてくれる弁護士を、ご依頼者様のご要望によって無料にてご紹介しています。

探偵と弁護士がタッグを組むメリット

浮気調査のプロである探偵と、交渉のプロである弁護士がタッグを組むことによって、浮気の証拠がより強力なものに豹変します。
もし、あなたが探偵に浮気調査を依頼して証拠が取れたとしましょう。
あなたが依頼する弁護士と探偵が顔見知りで無かった場合、調査報告書に書ききれない細かい情報をコンスタントに伝達できず、もし探偵と弁護士の連携がとれていたら「攻めれた」という事案も出てくるのです。

紫苑で浮気調査をしたご依頼者様が、高額な慰謝料請求をして勝ち取っている秘訣はここにあるのです。

浮気相手に高額な慰謝料請求をしたいのであればプロの探偵に依頼する

このように、小さな証拠でも使い方によっては小さな証拠でも大きく化けることがわかったと思います。
浮気問題は、民法第710条でハッキリ「賠償しなければいけない」と定められており、浮気をした方も浮気相手も賠償しなければいけません。

民法710条

他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

ただ「見ただけ」「聞いただけ」だけでは浮気の立証が非常に難しく、細かい浮気の証拠を並べても、本来受け取れる慰謝料も非常に低いものになり、弁護士費用だけが課さんでいくケースもあります。
小さな証拠の選別や使い方は探偵と弁護士に相談し、いずれにせよ言い逃れのできない浮気の証拠を押さえることが先決です。

ポータルサイトでご紹介を受けました

「探偵ってどこに依頼したらいいのだろう?」そう思われている方で、ポータルサイトをご覧になっている方も多いと思います。
2020年10月より、「探偵サーチ」および「人探しの窓口」でご紹介を受けました。
有益な情報が詰まっているポータルサイトですので、一度ご覧になってはいかがでしょうか?