離婚時の結婚指輪

後悔しないために

「夫が浮気」「妻が不倫」そんな時に思い浮かぶのは「離婚」と「慰謝料」

今回は、離婚と慰謝料についてお話しします。

もし、浮気が発覚してどうにもならなくなった時、別居を考えたり離婚を考える方も多いでしょう。

その時に必要なのはお金

自分のせいじゃないのに、なぜ自分が負担しなければいけないのかと腑に落ちない方も多いのでは?

そこで、上手に慰謝料を相手から取る方法をお教えします。

確実な証拠がなければ争えません

よくこのブログにも書きますが、浮気や不倫を立証する為には「確実な証拠」がなければ言い逃れされてしまい、結局、納得のいかない終わり方になってしまいます。

その「確実な証拠」を安価でおさえるために、ご自身で証拠集めをしたり、知り合いに頼んだりするケースってよく聞きますよね。
結果として調査はしてみたものの、本当に必要な証拠を理解していないばかりに「証拠不十分」という結果が多く、その時にはすでに調査できないケースがよくあります。


浮気や不倫を理由に慰謝料を請求する為には、シッカリとした調査と証拠、そして、調停や訴訟になった時の武器となる調査報告書を作らなければいけません。

だから探偵事務所があるのです

浮気や不倫を立証するために、どうしたらいいのか。

それは、調査を専門に行っている探偵事務所になります。

浮気や不倫で離婚や慰謝料を考えている場合、まずは探偵事務所で調査を行い、得た確かな証拠を弁護士事務所に提出し、交渉してもらうことが一番の近道です。

これを、探偵事務所を通さずに弁護士事務所へ先に行きましても、「まずは探偵事務所で証拠を取りましょう」と言われてしまい、逆戻りになってしまうのです。

そうなってしまうと、時間のロスでもありますし、相手に気が付かれてしまうケースもあります。

そうならない為にも、順序良く進まれることをオススメします。

時間のロスで証拠が取れなくなることも

浮気や不倫に気が付き、相手も「バレたかも」と感づかれたときは、調査自体が非常に難しくなってしまいますし、証拠を取るまでに時間を要してしまうことがあります。

もし、離婚や慰謝料と考えていなくとも、「事実を知ったうえで決めたい」というお気持ちがあるのであれば、すぐにでも調査を依頼すべきです。

証拠があれば、その後の考え次第で和解するか離婚するか決めれますからね。

このようなことから、「憶測」ではなく、「事実」を知った上で悩んだりその後を決めることが一番だと思いますよ。

まとめ

パートナーが浮気や不倫をしていると感じたときは、すぐにでも事実を知ることが大事。

悩んでいても事実は変わらないですからね。

その後につきましても、事実を知った上で考えればよいことですし、もし調査をしてパートナーが浮気や不倫をしていなければ、悩み損になってしまいますよ。

年々増えている不貞問題。

早期調査をすることによって、損する自分から得する自分に変わるかもしれません。