離婚協議で大切な調査報告書

あなたの行く末を左右する調査報告書とは

紫苑が行う調査の中でも多い浮気・不倫調査。

関係修復を望まれる依頼者様も多いですが、それ以上に多いのが浮気・不倫を理由に離婚を考えている依頼者様。

どちらも、必ず必要になるのが調査報告書です。

何故かと申しますと、浮気や不倫を理由に話を先に進めていくと必ず「証拠」の提出が必要になります。

この「証拠」を纏めたものが調査報告書となるのです。

シッカリとした調査報告書とは

紫苑では、依頼者様が今後どのような場面で使用されるのかを想定するのではなく、あらかじめ、最悪の事態を想定して作成しております。

たとえば浮気・不倫に気が付き、探偵事務所に調査を依頼したとしましょう。

この時に不貞行為が発覚し、さまざまなことから関係修復を望んでいたとしても、パートナー次第では話し合いが決裂してしまうこともあります。

お互いの協議で終わればそれに越したことはないのですが、万が一、調停にまで発展したら裁判所でも通用する調査報告書が必要となってきます。

恐らく、このような事態になるまでには時間も要しますし、調査が終了して調査報告書をお渡ししてから時間も経っていることでしょう。

この時に「調査報告書を作り直してください」と依頼をしても、警察庁から通達されている「興信所業者が講ずべき個人情報保護のための措置の特例に関する指針」に基づき、対象者の情報は速やかに破棄しなければいけないので、現実的に難しいのです。

このような事にならない為にも、シッカリとした調査報告書が必要となります。

ここでいう「シッカリとした調査報告書」とは、万が一依頼者様が紛争で提訴された時にでも通用する調査委報告書であり、必要な要点をまとめ、裁判所提出書式として認められるものとなります。

使えない調査報告書の例

先に書いた通り、一番重要なのは「必要な要点をまとめ」という点。

この「必要な要点」が抜けていると、せっかくの調査報告書も単なる紙きれになってしまいます。

たとえば調査日時の漏れがあったり、証拠写真が極端に少なくその周りの風景ばかり掲載しているのもや、調査報告書のページ数を多くしたりとさまざまな例があります。

調査報告書は、これから離婚の協議などをしたりする為に必ず必要となるものですから、お手元に届いた時にはシッカリと目を通すことが大事です

まとめ

実は調査報告書は書式が定まっていません。

しかしこの調査報告書は、依頼者様はもちろん司法の場でも通用するものでなければいけないのが実情です。

はじめて探偵事務所・興信所を利用される方であったり、裁判所に提出する書類の作成がわからない方などは、何が良くて何が悪いという判断はつきにくいことでしょう。

紫苑で調査依頼をされたご依頼者様であればご理解できるかと思いますが、紫苑で作成する調査報告書の文面は、そのまま内容証明や訴状などの文書に起こせる内容で作成しております。

簡単に言いますと、調査報告書の文面の一部は、弁護士の先生がお仕事しやすいように作成しているのです。

探偵事務所・興信所をお探しになる際に、料金・費用,調査技術を求める方が多いかと思いますが、調査報告書にも目を向け安心して調査依頼できるところを探し、検討されることお勧めします。