居住地調査

居住地調査には様々な手法がある

居住地調査と一言で言っても、その手法は数多くあり、その案件によって大きく変わります。

案件で言えば、債務者を追っている方や昔知り合った友人がどこにいるか探している方など幅広くありますし、現在知り得ている情報から事務的に調査を行う方法や尾行・張込みで対象者を追う方法とさまざま。

また、解決までの時間も案件の内容によっては短期間で解決できるものもあれば長期間にわたるものも。

紫苑ではその案件によって、ご予算や許容できる時間に合わせて最適な調査方法をご提案させていただいております。

所在調査の主な手法とは

主な手法で言えば、尾行や張込みを行って対象者を追って、所在を掴む方法が一般的。

しかし、案件によっては尾行や張込みだけでは難しいこともあり、すべての案件でできる訳ではありませんが、GPS発信機を用いて調査を行うこともあります。

上記の調査は、調査対象者が使用する車両や行動がわかっている場合は有効的。
しかしそうでない場合も多々あります。

どうしても調査対象者の居場所がわからない場合には、ご依頼者様が知り得ている情報を基に、事務的に調査を進めていく方法もあり、紫苑では足を使うこともあれば頭を使うことも。

このように、案件によってさまざまな調査手法がありながら手法を組み合わせることもあり、結果、早期解決へと繋がります。

一般的な判明時間

先にお話しした通り、その案件や手法によって判明まで大きく変わります。

事務的に調査を進めた場合ですと、卓上での判明は早いですが、裏付けまで時間がかかることもありますし、尾行や張込みの場合でも対象者の動きによっては長くなることも。

ご依頼者様の知り得ている情報が多ければ多いほど短期解決は望めますし、少なければ難航することもあります。

参考までに、対象者の氏名と電話番号がわかっていた場合、最短1日で居住地が判明したこともありますし、同じ条件で対象者が転々と居住地を変えている方であれば数ヶ月にわたったケースもあります。

まとめ

その案件や情報によって判明時間には大きな差があり、難易度も大きく変わると言えるでしょう。

また、調査手法によっても変わります。

居住地調査に関する簡単なお問い合わせは、お電話やメール・LINE@で、詳しい調査手法のご相談や費用に関するご相談は、探偵事務所に来社してご相談されることをお勧めします。

紫苑では、ご予算に合わせて最適な調査手法をご提案させていただき、メリット・デメリットをご説明し、お客様にご納得いただいてから委任契約を結んでおりますので、安心してご相談くださいね。