確実な証拠を掴む浮気調査

浮気の事実を掴むだけでは証拠は足りません

浮気調査と一言で言いましても、簡単な調査から本格調査までと幅広くあるのはご存知ですか?

簡単にできる調査と言えば、GPS発信機を用いた調査で、弊社が使用しているGPS発信機は高精度のものを使用しているため、日時や軌跡、滞在時間も正確にわかるのですが浮気調査の調査内容としては補助的なもの。

本格的な調査と言えば、対象者と浮気相手が接触する前から記録し、一部始終、証拠として残すという調査。

GPS発信機の調査であればお安く調査はできますが、証拠としては扱えないものとなりますが、本格調査の場合は、裁判所でも通用する確実な証拠を取っていきます。

つまり、GPS発信機でラブホテルに入ったとしても、それは、浮気の証拠としてみなされないのです。

調査費用が安い!でもその調査内容は?

よくありがちなのですが、「浮気調査の費用が安いから依頼した」という話。

安いに越したことないのですが、はたしてその調査結果は、ご依頼者様が納得できる内容だったのでしょうか。

何故このような事を書くのかと言いますと、「浮気調査の費用が安いから依頼したが、証拠として扱われなかった」というご相談があるからです。

いくら「安い」と言いましても、内容によっては高額になることもあり、決して安い金額ではありません。

しかし、探偵事務所を信用して何十万円も出して依頼し、証拠として扱われない調査をされたらどうでしょう?

時間もムダ、お金もドブに捨てたようなものですよね。

そうならない為にも、とくに浮気問題つまり不貞問題で離婚を考えている場合には、シッカリと調査内容を見極める必要があります。

不貞問題は1回の証拠だけでは足りません

これも、「安い調査」にありがちなのですが、浮気調査を1回だけで終わらせるところもあります。

何もわからない方であれば、これで納得する方も少なくはないでしょう。

しかし、浮気調査の証拠というものは1回だけでは足りません。

何故なら、常習性がないからです。

よく、離婚時の慰謝料について掲載しているブログを拝見しますが、ほぼどのブログを見ても「高い慰謝料を取る=不貞の常習性」を書いています。

たった1回の浮気の証拠では常習性として見えなく、対象者が「1回だけです」と言ってしまえばそれで終わりです。

酷い場合ですと、相手とは1回だけしか会ったことがなく、連絡先も知らないと言えばそれで通ってしまい、その後も実は関係は続いていることもあります。

つまり、浮気調査は1回だけの調査では終わらないのです。

浮気相手も1人だけではなく複数いる場合もありますからね。

たった1回の浮気調査だけでは、不貞を完全に暴くことはできません。

確実な浮気の証拠を掴むこと

確実な浮気の証拠とは、対象者の浮気をすべて暴くことに尽きます。

対象者の浮気がハッキリとわかる内容で、誰が見ても納得できる証拠が必要。

文章で書くと非常に簡単にはなりますが、いざ、浮気調査を行うと非常に難しいものです。

紫苑はいつも「リスク」を負って、ご依頼者様が掴めない確かな証拠を日々追っています。

調査料金はその対価です。

だからと言って、決して高い費用はご依頼者様から頂いている訳ではございません。

なぜなら、紫苑は「広告料」を抑え、その分を調査費用に反映させているからです。

とくに、リスティング広告や路面広告は非常に高く、その広告費は調査費用へ充てなければいけないですからね。

つまり、紫苑は手抜き調査の割引ではなく、広告経費を削減してご依頼者様に還元している探偵事務所です。

浮気調査の費用が高くても安くても、確かな証拠を取れなければすべて意味のない調査になります。

後悔しない為にも、対象者の浮気のすべてを暴ける、シッカリとした探偵事務所に依頼することをお勧めいたします。