札幌で開催された同窓会で昔の恋人と再会そして不倫へと泥沼化

それは高校時代の仲間との同窓会から始まった

ある日、突然送られてきた一通の往復はがき。

それは、札幌にある高校の同窓会の案内状でした。

この往復はがきが不倫問題へと発展するとは、家族は誰も知ることは無かったのです。

お客様はご結婚されている40代の男性。

この同窓会の案内状は、お客様の妻へ宛てたものでした。

奥様は高校時代の同級生との交流はほぼ無く、家庭に入ってからは出歩くことのない真面目な主婦だったそうです。

同窓会開催のハガキが届いた時には、ワクワクしていたそうです。

それが不倫から始まる悲劇の始まりでした。

同窓会当日、ルンルン気分でお出かけする妻を自宅で待っているお客様

普段、あまり外に出ない奥様だったそうで、この日ばかりは凄く楽しみにしていたそうです。

お客様も「そう遅くはならないで帰ってくるだろう」と思っていたそうですが、1次会が終わる21時、2次会が終わる23時と妻からの連絡が無く、「大丈夫かな?」と思いつつ帰りを待っていたそうです。

寝ないで待つこと朝8時、妻はスッキリした顔で帰ってきたそうです。

その時は、「たまに同級生と飲むくらいいいか」と寛大な心でいたのですが・・・

この日を境に、週に1~2度「同級生と遊んでくる」という理由で夜に出掛けることが多くなりました。

はじめの頃はそうオシャレをすることもなかったのですが、次第に結婚してからつけたことの無い香水を使いだすようになり、気が付くと下着も派手目なものを買ってくるようになり、お出かけをする際は必ず派手目のものを着用していたそうです。

ですが、よく考えると週に何度も「同級生と出かける」のはおかしい

そう思い、ご浮気・不倫調査の依頼に至りました。

不倫調査の依頼を受け実行!待ち合わせた相手は

調査依頼を受け実行!待ち合わせた相手は

夜に出掛ける時にはいつも、お客様に都度、妻から教えられていたので、その日に合わせて調査を実行することに。

そしてその日がやってきました。

ご自宅から地下鉄に乗りススキノへ。その後、待ち合わせ場所と思われる場所で一人たたずむ妻。

15分くらいでしょうか、妻の元に1人の男性が寄ってきました。

会ってすぐに某飲食店に移動され、2人でお食事。調査員も「あ~浮気かなぁ」なんて思っていたところ、2人は席を立ちお会計へ。

その後、ラブホテル街へと移動し、2人はラブホテルの中へ消えていきました。

約3時間後、腕を組みながら出てきて地下鉄駅に移動し、そこからは方向が違うのかお互い違うホームに行かれたので、調査員は二手に分かれ、妻と不倫相手の男性を追うこととなりました。

不倫相手の男性が住む自宅を押さえ、妻が無事に帰宅するのを見届けてその日の調査は終了。

結果、妻は不倫されていました。

お客様は妻と話し合いへ、そして結果は

調査後日にわかったことですが、不倫相手の男性は妻子持ちのサラリーマン。この時すでに、名前から務めている会社まですべてわかっています。

調査報告書が出来上がり、お客様へお渡しし、お客様は妻と話し合いとなりました。

まずは、夜出掛けていた時に何をしていたのか聞くと「同級生とお酒を飲んでいた」。

それは男性?女性?と聞くと「女性」と答えたそうです。

もうこの時点でアウト。

淡々と嘘をつく妻・・・キリがないので、不倫調査で明らかになった証拠を見せると、今まで多く語っていた妻の口が無言状態に。

それもそうですよね、ラブホテルで不倫相手と一緒に部屋を選んでエレベータに乗る瞬間まで証拠を押さえられているのですから。

そこで、ご主人様が一言。

その男と一緒になったほうがいいよ。

その瞬間、妻が泣き崩れたのはいうまでもありません。

夫婦のその後

その後この夫婦は、お子さんの親権は妻へ、不貞に対する慰謝料は養育費と相殺となり、離婚となりました。

楽しい同窓会で妻は羽目を外してしまった結果、好きだった同級生と不倫の関係となり、子どもには本当のことを言えないままに離婚という結果になってしまいました。

お子さんにはこの先、本当のことを語る日は来るのでしょうか。

お客様も、幸せな家族生活を夢見て購入した一軒家も売却し、今はひっそりと生活しているそうです。

妻のその後は・・・

今は真面目な生活を送っているそうです。

-紫苑の探偵ブログ
-