離婚カウンセラーから助言をもらったお客様

札幌市内でも目にする「離婚カウンセラーとの相談会」。

「円満離婚」「次の幸せな人生へ」といったキャッチフレーズで、何故か弊社のメールアドレスに案内メールが届きます(笑)

 

それはさておき、以前、この離婚カウンセラーさんから、円満な離婚について助言を頂いたお客様から一通のメールを頂きました。

そもそも、お客様は相手の浮気が理由で離婚したかった

今回メールを頂いたお客様、ご主人さんの不貞(浮気・不倫)を理由に離婚を考えていたそうです。

そこで、ネットで調べるうちに今回の離婚カウンセラーの無料相談会というものに目が入り、出向いたそうです。

 

そしてその当日。

当然、離婚したい理由を聞かれる訳で、「夫が浮気をしているので、離婚を考えている」とお話しされたそうです。

すると、当然、カウンセラーから宥められ、次に出てきた言葉は

 

 

「それはキチンと話し合って離婚したほうがいいです」

「まずは、あなたから話を切り出し、浮気を認めさせることが大事です」

「もし、浮気について相手が認めないのであれば、何か証拠を自分で掴むことです」

「証拠を掴むのに探偵を使ったら凄く費用が掛かりますから、自分で掴んだほうがいいですよ」

 

 

と言われたそうです。

 

それを聞いた私たちは・・・

 

 

このカウンセラー、何もわかっていない

離婚カウンセラーの失態を精査

パートナーの不貞行為で離婚をされる場合、まず、口頭だけでは不貞と認めてもらえないケースがほとんど。

 

 

だから、証拠が必要なのです!

 

どう考えても、相手に「あなた浮気してるでしょ?」と聞いて「してます」と答える人なんて、この世に何人いるでしょうか?

そして、冷静に話し合いの席に着くことはほぼ無いでしょう。

 

証拠についても、一度も浮気調査をしたことの無い人が「言い逃れのできない証拠」を掴めると思ったら大間違いです。

そもそも、お互いに顔がわかっているのですから、コソコソ尾行したところでシッカリとした証拠は掴めません。

 

結局、探偵に依頼をすれば確かに費用は掛かります。

しかし、探偵でなければできない証拠の掴み方も沢山あるのです。

 

このお客様は、離婚カウンセラーの助言を聞き、「Yシャツに着いたファンデーション」を証拠にして、ご主人さんに詰め寄ったとのこと。

 

このお客様、とんでもない離婚カウンセラーに酷いことを教え込まれ、後戻りのできない失敗に追い込まれてしまうところでした。

 

ここからお客様と紫苑とタッグを組み、お客様の本当の円満離婚の道へと進んでいきました。

 

つづく