新年度を前に引っ越しされる方が多いです

浮気相手が引越し

4月を目の前に,新居に引越される方も多いのではないのでしょうか?

世間では,新型コロナのニュースが飛び交っていますが,浮気調査に「待った!」はありません。

 

今回は,当時浮気調査中案件だったのですが,突然,浮気相手が引越しをしてしまったケース。

これって一番厄介なのですよね(;^_^A

ピンポイントに浮気調査を行っていた場合,知らない間に引越されてしまうことはしばしばあります。

でも,こちらも浮気調査のプロ。

対象者はもちろん,浮気相手も逃しません!

浮気調査期間はたったの2日,すぐに所在は明らかになりました

このような時,一番不安になるのは依頼者様。

もしかすると,今までと同じパターンで浮気を繰り返すのかわからないですからね。

今回の浮気調査は,浮気調査継続中ということもあり,大体の目星もついていたことから,わずか2日で転居先を特定!

その調査内容はお伝え出来ませんが,私達も「もしも」を考えると少々焦りはありましたが,何とか特定できて一安心。

 

その後,引越し早々対象者が現れてそのままラブホテルへ。

 

シッカリと証拠を取り,既に依頼者様へ調査報告書をお渡ししております。

調査のタイミングがズレると特定までの時間がかかります

よくご相談で来社される方の中で,「少し考えます」という方がしばしばいらっしゃいますが,まず考えて頂きたいのが,悩んでいる間に時間は過ぎているということ。

 

その時間の中で,浮気問題は進んでいるケースが殆ど。

 

実際に,早期解決案件を改めて思い返すと,その殆どが即調査の事が非常に多いのです。

依頼者様も,来社されるまでは相当悩んでいたかと思いますが,大体は調査を開始して時間がかからずに1回目の証拠を取ることができているのです。

 

しかし,悩まれて後日浮気調査の依頼をしたケースの場合,状況が変わっていたり,いつもとは違うパターンになっていたりと「あれ?」と思うことが多々出てきたりして,結果,調査時間も多くなってしまうことがあります。

このようなことにもならないように,浮気調査を依頼するタイミングは早いに越したことはありません。

まずは,直接相談員とご相談されることをお勧めします

一言で「浮気調査」と言っても,今まで同じパターンは一つもありません。

浮気相手と会う時間帯,待ち合わせ方,ラブホテルの場所,これだけでも案件によって本当にバラバラ。

案件によって,早期解決できるものもあれば長期にわたって解決するものもあります。

 

このように,案件によって大きく変わってきますが,柔軟に対応しているのが紫苑です。

先日調査終了した案件も,少しお時間がかかってしまいましたが,それでもその証拠の質は弁護士さんのお墨付き。

調査報告書をお渡しした瞬間,大体みなさん「これどうやって撮ったのですか?」とお聞きするくらいです。

 

まずは,費用的な事や時間的なものすべて相談員に直接相談されることをお勧めしています。

直接話さなければわからないことってたくさんありますよ。