離婚を話し合っている方は戸籍を確認しましょう

役所や役場に行けば簡単に手に入る離婚届。
自分の知らない間に離婚届を出されてしまったケースは、紫苑のお客様の中でも年間数回出ています。

離婚の話し合い中に決裂してしまい、勢いで離婚届を出されてしまったケース
配偶者の浮気に気が付かず、勝手に引っ越されたあとに離婚届を出されてしまっていたケース

このほかにも色々なケースがありますが、ほとんどはこのパターンに当てはまるでしょう。
もしこの記事を読んで「もしかしたら」と感じたら、1日でも早いうちに役所または役場に行って戸籍謄本を取得することをオススメします!

戸籍謄本は本籍地の役所または役場でなければ発行できません

よくありがちなのですが、本籍地は札幌市外(例:旭川市など)で現在札幌市にお住まいになっている方は、その本籍地の役所または役場でなければ戸籍謄本は取得できません。
このような場合、本籍地の役所または役場へ郵送にて請求することが可能です。
必要な申請書は、本籍地のある役所または役場のサイトにてダウンロードできるところがほとんどですで用意することは容易かと思います。
申請用紙に必要ヶ所に記入後、返信用封筒(切手も忘れずに貼ること)を作成し、戸籍謄本の発行手数料は、お近くの郵便局にて定額小為替を購入し、申請書・返信用封筒・定額小為替を同封して送付すれば、早い役所や役場で3営業日ほどで届きます。

配偶者に不合意な離婚届を提出されても慌てないでください

不意に配偶者から離婚届を出されてしまった時、誰でも慌ててしまうでしょう。
このまま離婚が成立してしまうのか心配になりますよね。
たしかに、離婚届が役所にて受理されてしまった段階で戸籍上離婚成立してしまいますが、離婚届を出されてしまった側が合意していない場合には、裁判所にて調停を申し立てることによって離婚を無効にすることができます!

離婚届を勝手に提出されるときの状況を解説

配偶者が勝手に離婚届を提出する時のほとんどは、配偶者が勝手に離婚届を作成していることが多いですが、過去にお互いに作っておいた離婚届を提出される方もしばしば。
配偶者が勝手に